ブログでノスタルジア!
80年代模型が中心です。なるべく一日にちょっとでも作業するようにして更新していこうとおもいます。それでも更新できないときはごめんよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
問題児 レギ雄くん
FJ310171.jpg
以前友人からもらったアーマードコアのガレキ。
つくってほしいとのことで見つけてひっぱりだしてくる。

せっかくなのでもう一個作ろうかなとチョイス!!

ハーガン!!

FJ310172.jpg
コクピット横の子羽のチョウバンの隙間をパテでうめる。

FJ310176.jpg
サフェの変わりにちょっと白ふいてみたけどまだまだだ。

昨日は何時間もずっとキズを磨いていても大丈夫だったが
今日はなんだか3時間くらいから頭痛が凄くなった。

きのうエネルギー使って残量があまりなくなっていたのかな??

FJ310178.jpg
コクピットの横の子羽、ちょっとずれただけなのにえらいことになってるね。
これだから角ばりメカの変形は大変なんだよ。
その点、オーガスとかは楽だった。

FJ310181.jpg
問題点修正。
しかし微調整とか全然まだまだ。
カリスマ・・・・忍耐のとき
FJ310167.jpg
必死にキズを磨きまくる。

FJ310168.jpg
複製!

FJ310170.jpg
キャノピーはプレスで作る予定。
そのほうが一番綺麗に仕上がりそうだ。

ここからまらプレス用の受けの方をとらなければなない。
そして押し型のほうも表面を均等に0.5ミリくらい削るのだ。

形が複雑な透明パーツは作るのが本当に大変だ。
神は俺に休息をお与えにはならない。選ばれた人間の宿命か・・・?
FJ310067.jpg
学研レギオスはコツコツと表面処理中。
だいぶ面がでてきた。

こんどはキズの処理に以降しなくては。



俺はカリスマ、神の化身
FJ310042.jpg
レギオス表面処理。

ムサシもこれから塗るわ。

最近忙しいので今日は無理して徹夜で作業する。

最近徹夜とか凄く辛い・・・・

カリスマ、人を超え、超次元へ・・・伝説から神話へ~ (学研レギオス)
FJ310001.jpg
コクピットの横羽も問題なく変形時に収まる。

FJ310002.jpg
羽に折り曲がるギミックを加えるために切断。

FJ310003.jpg
めっちゃ大失敗!!発狂しそうになる。

FJ310004.jpg
失敗は成功のもと。
ラインを割り出して切断する。

FJ310005.jpg
ギミックを仕込む。
今回は前回と違い、設定にない可動を仕込む。
俺は実は設定と違う変形ギミックを加えたりするのは好きじゃないんだ。
でも前と同じことやってもしかたないから。

FJ310006.jpg
羽を余分に折りたたむことになってしまったが、
見てくれ!この羽と胴体の密着感!!

FJ310007.jpg
こんなに大きな面積で折りたたむ必要もなかったのだが、
飛行機はふつうこの部分が上下するもんだろ?
だからデザインとしてこうしたんだ。

FJ310008.jpg

FJ310009.jpg
ファイターのスタイルにはめちゃくちゃこだわったぜ。

FJ310010.jpg
金属のギミックだらけだぜ!

FJ310011.jpg
肩の蓋ギミックもつくらないとな。

FJ310012.jpg
バッチリだわ。

FJ310014.jpg
変なアレンジなど加えないストレートなレギオスだな。

FJ310017.jpg
まぁ、後ろは少しデザインがかわっちまったが、このくらいはいいだろう。

FJ310018.jpg
ここは前回いろいろ不満があり苦労した部分でもある。
すこし手がはみ出してるが、今回は安定感を優先。
FJ310019.jpg
デカイ手首をいれたからなぁ・・・・

FJ310022.jpg
かおも改修。
設定にはない変な折れ曲がりラインが多用されているんだよね・・・・

FJ310024.jpg
修正したわ。

FJ310026.jpg
でも気に食わないのでさらに修正。

もうだいたい何とかなってきた感じがする。
基本的に肉厚でヒケもおおく、表面処理がこれから大変なキットなのだが
悩み所はなんとかなった。

代行って趣味で作るのとはほんとに大きくちがうんだよね。
絶対なんとかしなくちゃならないので精神的な圧迫が凄い。

以前、脳下垂体がスカスカになって入院一歩手前になったこともあるくらいなんだから。



今日は材料の買出し。 (学研レギオス)
FJ311019.jpg

FJ311020.jpg

小さめの真鍮のチョウバンが売ってなくてさがしちゃったよ。





2機目の玩具 学研レギオス改修
ごめん><
本当は順番的にムサシを優先しなくちゃいけないんだけど
レギオスいじっちゃった・・・

FJ311006.jpg
前回あまり安定させられなかったので今回はちょっと方法を変えてやってみる。

FJ311007.jpg
小羽の角度付けは必要だよね。

FJ311008.jpg
黄色いライトみたいなパーツが入っているところも作らないとね。

FJ311010.jpg
胴体の修正も結構大変だ。

FJ311011.jpg
羽は大きく長く修正。

FJ311012.jpg
羽はこのくらい大きいほうがいい。
真ん中の蓋になるパーツも加工

FJ311013.jpg
まじかー!!
チョウバンの調節しようとしたらニッパーが割れた!
プラモデル用の高いニッパーだったのに!!><

FJ311014.jpg
いつものことだが真ん中に板をもう一枚仕込む。

FJ311015.jpg
ファイターのときこの板が外観を綺麗に見せてくれるんだ。

しかし、この玩具の修正改修もう一体ってやっぱつらいわ・・・・・
ほんとめっちゃ辛い・・・・


ないものはない!お買い物なら楽天市場
学研レギオス改修2体目!
DSCN1539.jpg
以前から依頼者の方には口だけ「近々やります。」と言っている状態だったので
今日は一日使って学研レギオス改修をやった。

先に入ってる代行があるのでそんなに優先しては進められないのだけれど
すこしづづでもすすめられれば・・・・・・・

DSCN1540.jpg
かかとが出っ張りすぎだよね!

DSCN1541.jpg
前回はボールジョイントで処理したが、今回は金属関節にすることにした。
やはり玩具としての丈夫さはあったほうがいいから。

金属の加工はちょっとしてものでも結構、力使うし時間もかかる。

DSCN1542.jpg
一応、依頼者の方が関節がゆるんだときに調整が出来るような設計にする。
前回はそれが出来なかった。

DSCN1543.jpg
片方のかかとを詰めてみた。
こんなに違うんだよ。

DSCN1545.jpg
型が垂れ下がってるイメージでカッコ悪いので位置が上にいくように
スライドギミックを製作する。
前回はこれで滅茶苦茶悩んだが、今回は前例があったのでやや楽だ。

ただ前の時よりもスライド幅がはるかに長い!!

DSCN1546.jpg
これが修正していない定位置。

DSCN1547.jpg
ギミックを仕込むとこんなにも上にずれる。

出来ることなら金属板の分、型を内側にもっていきたいんだけど
それはさすがに無理だね・・・・

DSCN1548.jpg
股関節も下にずれるような構造にしておく。
可動範囲がひろくもなるし、脚が長く見えてプロポーションに大きくかかわる。

DSCN1549.jpg
肩と股関節の位置を変えるとだいぶかっこよくなる!!

DSCN1554.jpg
肩を玩具の定位置にもどすとこんな感じ。

DSCN1555.jpg
変形には支障ない!ちゃんと変形する。

ただこのファイターももっとイラストのようなパーツのバラバラ感のない
印象に修正しないとね。
たいへんな作業だよ。

DSCN1557.jpg
下面。

DSCN1558.jpg
金属関節のギミックはこんな感じ。

midiri.jpg
こちらは前回改修した学研レギオス
アメリカのOさん元気かな・・・

肩のラインがかっこよくなってるのわかるかな?
学研のやつはなんだか角度がありすぎてつぶれている感じなので
こういう風になおしたいね。

肩のスライドギミック、これは5ミリくらいだったかな?
今回製作してるのは1センチくらいスライドするよ!!


まあ、ジャウ。ザマックの完成の方が先だな。

今日は頑張りすぎて頭痛がまた酷いわ・・・・・


日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

学研レギオス改修依頼
CIMG0265.jpg
以前やったことなのであまりのれない気持ちもあったのだが、
依頼者さんが情熱ある方なので、なんとかそれに応えようとおもいます。

2週間くらいであっという間に依頼が5つも・・・・

今月
DSCN0960.jpg
先月、学研レギオス完成させて以来、全く模型いじってませんな・・・
仕事が忙しくて。

いそがしすぎてやばい・・・・・


あくせく働く日々から抜け出しませんか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。