ブログでノスタルジア!
80年代模型が中心です。なるべく一日にちょっとでも作業するようにして更新していこうとおもいます。それでも更新できないときはごめんよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
忍耐だな。 (アオシマ1/600イデオン)
DSCN9939.jpg
ワンパターンだと言われそうだが、塗装のはがれをタッチアップでつけていく。
一つ一つ丁寧に数百~千単位でつけていくので、これが想像以上に時間がかかる。

DSCN9942.jpg
いつもの十数メートルというスケールとはちがい100メートルという大きさを考慮しながら
タッチをいれなければならない。

DSCN9943.jpg
ひきめでみても、やはりこれが有るのと無いのとでは印象がだいぶちがう。

DSCN9946.jpg
とりあえず上半身にタッチをいてたあたりで、脳のエネルギー切れの頭痛信号が始まったのでストップ。

まずは人型中心にダメージを入れていく。





ここからがまた悩む・・・ (1/600イデオン)
DSCN9923.jpg
マスキングをして塗装をするということを繰り返していく。

キャタピラのハッチの色が黄色でなく赤だけど、裏返して差し替える構造上、赤でないと
ロボットになっな時にカッコ悪いので赤いのだ。

DSCN9925.jpg
目は黒と銀のグラデーションの上にクリヤーブルーをかけてみた。
マスキングは細かいのは本当にめんどくさい。

DSCN9926.jpg
暗い青はこんな感じだ。

DSCN9930.jpg
基本的な塗装はだいたい塗った。
だけどCメカの飛行形態の窓枠とかまだ作っていない。

あとAメカの自作羽がどうしても見つからない。
また一からつくらないとダメそうだ・・・・

DSCN9934.jpg
塗装はこれで終わりじゃないよ。
俺に製作依頼をしてくる人はみんなこっから先を期待しているのわかってるからね。

ここからどう重量感を上げていくか・・・・

悩む・・・ね・・・・・
細かい塗装。 (1/600イデオン)
DSCN9897.jpg
ブロックメカみたい。

DSCN9898.jpg
細かい塗装は時間かかる。
一日やってもあんまりすすまない。
でも確実にすすんでいる。

DSCN9903.jpg
本体だけでなく付属パーツ塗るのが結構たいへんだからねぇ・・・

DSCN9908.jpg
やはり、塗装に痛みを入れないと物足りない。

DSCN9910.jpg
青の感じがよくないな・・・・
もっと濃く直す。

これはCメカだが、Aメカの自作した尾翼をなくしてしまったみたいだ!!
また作らなくちゃダメかも・・・・とほほ・・・・

DSCN9913.jpg
超合金のイデオンよりも角ばってて俺はこっちの方が好きだな。

DSCN9916.jpg
イデオンはわき腹に砲塔を仕込んでいるんだね。

DSCN9917.jpg
なんかUMAみたい・・・

DSCN9920.jpg
Gアーマーだな、こりゃ。




おお!ついにやまとから出るのかっ!!(画像をクリック)

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
重い赤
DSCN9894.jpg
赤に深みを出すために何重にも塗装を加えていく。

DSCN9896.jpg
赤自体はよくなってきたが、やはり兵器的な痛みを手作業でいれていかないと、飾り物としての満足度はたりないであろう・・・・。

とりあえず全体がいい感じのバランスに塗装できてから痛み表現を加える。
あまり作業してないが・・・
DSCN9889.jpg

DSCN9891.jpg
ベースとなるドライブラシを入れた。
イデオン塗装開始
DSCN9882.jpg
ポリパテでザクの開き手をつくる。

DSCN9884.jpg
イデオンの塗装開始。
ザクがまだ時間かかりそうなのでイデオンを完成させてしまう。

この状態からまだとんでもない沢山の工程が必要になるのだ。

DSCN9887.jpg
赤いレギオスのときも苦労したのだが、重い赤をつくり出すのは結構大変。
だいぶ間があいてしまった・・・(1/600イデオン)(メガサイズザク)
ここのところ全然眠ることが出来ないぐらい忙しかったら、なんとか波がすこし過ぎてくれたので
この隙に仕上げたるわ!!

DSCN9850.jpg
波動ガンのハンドルはゆるゆるだね。
これは直さないと。

DSCN9851.jpg
直しついでにモールドを仕込む。

DSCN9853.jpg
とりあえずOK!

DSCN9856.jpg
イデオンも磨き処理OK!
塗装に入れる!!

DSCN9857.jpg

DSCN9858.jpg
ザクのつまさき、だいぶ角度つけたんだが・・・・

DSCN9859.jpg
クリヤーパーツは後はめ加工。
これは元キットの状態で後ハメできるようにしておくべきなのでは??

DSCN9860.jpg
見えないからいいといえばいいんだけど、きれいにするためにさらにパテ盛り。

DSCN9861.jpg
バズーカを持たせるために修正せねば。
手首の隙間もやな感じだ。

DSCN9862.jpg
修正中!

DSCN9863.jpg
バズーカの持ち方、キットのままでもこれはできるが・・・・

DSCN9865.jpg
どうだー!!肩のせが出来るようになおしてやったぞっ!!

DSCN9874.jpg
手首は立体感がないな。

ちょっと削るだけでいいかとおもったが、全然だめだった。

中もパテで固めてから削らないと全然だめだ!




イデオンの処理はもう少し!! (1/600イデオン)
DSCN9826.jpg
腕クロスポーズ用に握り手も用意せねばなるまいて

DSCN9827.jpg
肉っぽいな

DSCN9831.jpg
波動ガンの修正、めんどくせ

DSCN9832.jpg
こんな感じになるわけだ。

DSCN9833.jpg
足の裏

DSCN9834.jpg
ザクの腰周りパーツ、裏をパテうめ

DSCN9835.jpg
ザクの表面処理、でかいから時間がかかるのう・・・・

DSCN9840.jpg
可動式の手首で腕クロスさせてみたが、なんか握り手よりもこっちの方が
かっこよくね??

フィギュア買取ネット
可動式自作手首 (1/600イデオン)
DSCN9804.jpg
失敗した筋彫りを再挑戦。
機首にも筋彫りをいれる。

DSCN9805.jpg
波動ガン、なんかバー二アみたいのがとびだしているが
パッケージか設定と同じかんじに引っ込めよう。

ガンは設定よりもだいぶ細い。
そのためにモールドやパーツの配置が換わってしまっているが、
大掛かりな修正はやめておく。

DSCN9806.jpg
一部のモールドは潰して作り直す。

DSCN9807.jpg
手首はどうしようかといろいろ悩んだ。

DSCN9808.jpg
以前自作したものを可動式に修正してみることにした。

DSCN9811.jpg
DSCN9815.jpg
可動式にしたのでだいぶ表情がつくようになった。

DSCN9819.jpg

DSCN9824.jpg
波動ガンを持たせてみた。

DSCN9825.jpg
ザクも表面処理中。

あくせく働く日々から抜け出しませんか?
Cメカ、苦戦!! (1/600イデオン)
DSCN9792.jpg
部分的に筋彫り失敗。
パテでうめる。

Cメカは作らなくちゃならないパーツが多くて、てこずっている。

DSCN9793.jpg
スタイルはなかなかいいと思うよ。

DSCN9794.jpg
タイヤと蓋は差し替え式だ。

DSCN9795.jpg
機首の形を整える。

DSCN9796.jpg
細かい形も作っていく。

DSCN9798.jpg
さらに作りこむ。

DSCN9799.jpg
カットした部分だが、透明パーツにはしないんだ、ごめん!

DSCN9800.jpg

下の部分も作りこんでいく。

DSCN9801.jpg
カットした部分を形成しなおして接着。

DSCN9802.jpg
設定画とは形が若干ちがうけど雰囲気はそっくりだろ?





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。