ブログでノスタルジア!
80年代模型が中心です。なるべく一日にちょっとでも作業するようにして更新していこうとおもいます。それでも更新できないときはごめんよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今はちょうど辛いとき。忍耐の時。
kyariba12-3.jpg
胴体もすこし縦長にしたが、脚もさらにのばしてしまった。
とりあえず今のところはジープ時の脚パーツと胴体パーツの
関係はあまり気にせずに形をきめていくことにする。

足のスライドギミックの帳尻合わせはかなりしっかりと処理はしているが。

kyariba12-3-2.jpg
人型はこんな感じのバランスでいいんじゃないだろうか・・・

kyariba12-3-3.jpg
変形の合わせだけバッチリとやっておく。

膝下も奥行の厚みでボリュームをもたせてみた。
くりごはんが貸してくれたキャリバーの3面図の資料がめちゃくちゃ
やくにたっている。

FJ310181_20121204122607.jpg
これは怪我したの見せたいわけじゃなくてどれくらいのペースで怪我しているかという記録用だ。

ザブングルのタイヤの溝ほってたらやってしまった。
今回はささる感じだったんで傷口は小さいが、底が深く1時間くらいたっても血が止まらなかった。
瞬間でかためたにもかかわらずだ。

FJ310182.jpg
羽の可動にポリキャップをしこむ。

FJ310183.jpg
腰にもポリキャップ。

FJ310184_20121204123038.jpg
関節を処理し、内側を塗装してパーツで蓋をする。
そちたら今度はプラ板の継ぎ目の処理だ。
微妙な溝や段差を表面処理していく。

形を作ってるときみたいに大きな変化はないだろうが、
そういう時は時間と手間が結構かかっているとき。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。