ブログでノスタルジア!
80年代模型が中心です。なるべく一日にちょっとでも作業するようにして更新していこうとおもいます。それでも更新できないときはごめんよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっと再開!!
FJ310184.jpg
まだまだキズみがき。

FJ310185.jpg
ファイター時に形が崩れないようにひっかかりを作った。

FJ310186.jpg
キャノピーはやっぱりヒートプレスでいくことにした。
なので押し型を一回り小さくしないと。

FJ310187.jpg
こんな感じ。

FJ310188.jpg
木の枠をつくった。

FJ310189.jpg
透明板を固定。

FJ310190.jpg
あっためて型を押し付ける。

FJ310191.jpg
ぬけた。
メガロザマックの時とちがって今回はあっためても白く変色しないので
一発でOK。

FJ310192.jpg
大きさもちょうどいいんじゃないか?
計算ぴったし。

FJ310193.jpg
移植開始。

FJ310196.jpg
プラ板でフレームをつくる。

FJ310197.jpg
裏からもプラ板をはって本体とエッジをあわせて削る。

FJ310199.jpg
キャティー川中島腐乱ソワーズさんが何年もまってるので
アーマードコアのガレージキットの製作開始。
とりあえず11パーツ表面処理。
面が複雑で正直きついっす・・・・

FJ310200.jpg
ラビドリードッグも販売された段階で塗装はしてあるんだけど
塗料の定着率が悪くて爪でひっかくと簡単にはげるんだよな・・・・・

FJ310201.jpg
なので塗料はがして表面処理。
ちょっと黒スプレー吹いて爪でひっかいてみたが
まったくはがれん!!
定着成功!!

ところでこのキット、塗装はがして気がついたんだが、
キャスト注入口を手作業で処理しているんだよな・・・?
凹も塗料はがしたら埋めたところがあった。

そんなことやっててもこのキットって定価25000円なんだよな。
ならけして高くないんじゃないかな。

ただ俺にとっては2度手感はあったが。
凸凹処理もせず塗装もせずに値段下げてほしい派だから。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。