ブログでノスタルジア!
80年代模型が中心です。なるべく一日にちょっとでも作業するようにして更新していこうとおもいます。それでも更新できないときはごめんよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カリスマ、人を超え、超次元へ・・・伝説から神話へ~ (学研レギオス)
FJ310001.jpg
コクピットの横羽も問題なく変形時に収まる。

FJ310002.jpg
羽に折り曲がるギミックを加えるために切断。

FJ310003.jpg
めっちゃ大失敗!!発狂しそうになる。

FJ310004.jpg
失敗は成功のもと。
ラインを割り出して切断する。

FJ310005.jpg
ギミックを仕込む。
今回は前回と違い、設定にない可動を仕込む。
俺は実は設定と違う変形ギミックを加えたりするのは好きじゃないんだ。
でも前と同じことやってもしかたないから。

FJ310006.jpg
羽を余分に折りたたむことになってしまったが、
見てくれ!この羽と胴体の密着感!!

FJ310007.jpg
こんなに大きな面積で折りたたむ必要もなかったのだが、
飛行機はふつうこの部分が上下するもんだろ?
だからデザインとしてこうしたんだ。

FJ310008.jpg

FJ310009.jpg
ファイターのスタイルにはめちゃくちゃこだわったぜ。

FJ310010.jpg
金属のギミックだらけだぜ!

FJ310011.jpg
肩の蓋ギミックもつくらないとな。

FJ310012.jpg
バッチリだわ。

FJ310014.jpg
変なアレンジなど加えないストレートなレギオスだな。

FJ310017.jpg
まぁ、後ろは少しデザインがかわっちまったが、このくらいはいいだろう。

FJ310018.jpg
ここは前回いろいろ不満があり苦労した部分でもある。
すこし手がはみ出してるが、今回は安定感を優先。
FJ310019.jpg
デカイ手首をいれたからなぁ・・・・

FJ310022.jpg
かおも改修。
設定にはない変な折れ曲がりラインが多用されているんだよね・・・・

FJ310024.jpg
修正したわ。

FJ310026.jpg
でも気に食わないのでさらに修正。

もうだいたい何とかなってきた感じがする。
基本的に肉厚でヒケもおおく、表面処理がこれから大変なキットなのだが
悩み所はなんとかなった。

代行って趣味で作るのとはほんとに大きくちがうんだよね。
絶対なんとかしなくちゃならないので精神的な圧迫が凄い。

以前、脳下垂体がスカスカになって入院一歩手前になったこともあるくらいなんだから。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。