ブログでノスタルジア!
80年代模型が中心です。なるべく一日にちょっとでも作業するようにして更新していこうとおもいます。それでも更新できないときはごめんよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/24ダンバイン
DSCN1092.jpg
一ヶ月以上のひさしぶりのプラモだー!!

プラモをつくっているときの感覚も若干にbっているようで、
なにから再開しようかとなやんだが、1/2ダンバインから再開。

DSCN1093.jpg
頭をかなり巨大化。
形がでこぼこなので処理をしていく。



かなり荒っぽい修正を全体にほどこしているので
表面処理がたいへんだ。

DSCN1096.jpg
胴体は大幅に小型化してはいるが、クリヤーパーツを生かし、
ハッチ開閉もさせるつもりなので、処理がたいへんだ。
ラインの流れもかなり変えた。

DSCN1111.jpg
修正箇所にものすごい隙間があいていたのでパテで修正。

DSCN1095.jpg
1/24ダンバインだが、ダンバイン旧キットのなかで
ナンバーワンキットといわれているが自分はそうは
思わない。

形も個性がうすく、修正もどのようにやったらいいのかわからなくて
いつもよりだいぶ悩んでここまでたどりついた。

キットの完成品写真よりも実物は全然よくない。

1/48キットのほうが、ラインにも温かみがかんじられるし、
キット自体も修正するにあたっても楽しみにあふれている。

今後中古1000円でみつけても買わないな。
500円でどうしようかと悩むレベル。

関節も非常に不安定なのであまりおすすめではない。

ただこの大きさだけは魅力はあるとおもうけどね。


プラモつくるのひさしぶりだったせいもあるけれど
3時間ほどでかなりの頭痛が・・・・・

脳に糖分をおくるためサイダーをがぶのみしてチョコレートを大量にたべる。

試行錯誤のプラモつくりは肉体労働よりもはるかに過酷な重労働である。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。