ブログでノスタルジア!
80年代模型が中心です。なるべく一日にちょっとでも作業するようにして更新していこうとおもいます。それでも更新できないときはごめんよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
重い赤をまとうのは時間がかかる。
DSCN9952.jpg
全体の傷のタッチを入れ終わったところで
肩に作った関節に軸を入れて埋める。

DSCN9953.jpg
腰の変形、位置をしっかり固定するために、ひっかかりパーツを作った。

DSCN9957.jpg
違った色、パターンの痛み表現もさらに全体的に追加していく。

DSCN9959.jpg
筆のタッチがきついのでまたこの上からエアブラシでこの荒々しさをなじませていく。

DSCN9966.jpg
エアブラシでさらに何色かの色をふいてみた。
う~ん、まだなおさなくちゃ・・・・

ここから先はまだエナメルの汚しをかけるのだが、それはA~Cメカの各体系での痛み表現を終えてからだね。

時間かけてるわりには見てるほうの変化がなくてつまらないかな。
ごめんよ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。