ブログでノスタルジア!
80年代模型が中心です。なるべく一日にちょっとでも作業するようにして更新していこうとおもいます。それでも更新できないときはごめんよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっと作業再開。 (1/600イデオン) (メガサイズザク)
いやー、まいった。
仕事の締め切りがせっぱつまって忙しくてぜんぜん時間が避けなかった。
申し訳ない。

今後も予定はあるが、もう時間が無いので作業できる日はフルでいこうかと・・・・

DSCN9590.jpg
製作したギミックをいったん切り離し、再度微調整。

DSCN9591.jpg
変形前の腕の合わせだが、どうしたらいいのか全くわからない。
ネジの突起物も収納する場所がないんだよな・・・・・

DSCN9592.jpg
ということで、上に180度回して収納するというのはどうか????

DSCN9593.jpg
それでも金属の部分は出来るだけ小さくしようと削り込む。

DSCN9596.jpg
さらに金属を削って、なべネジから皿ネジに変更。
この出っ張りをなくすのも意味がおおきい。

DSCN9598.jpg
真鍮ボールに3ミリの穴をあける。

DSCN9597.jpg
3ミリの真鍮棒の補強を入れて2個をつないで結合。

DSCN9599.jpg
さっきの上に収納する方法は没にした。
散々悩んだ結果、依頼者にはめんどくさくてもうしわけないが、
ドライバーでいちいちネジゆるめて関節パーツを付け替える変形方式にした。

これが人型のときも関節が安定するし、固定もしっかりするので
関節いじって遊ぶにはこれがベストだと判断。

DSCN9600.jpg
これから微調整が必要だな。

DSCN9601.jpg
タンク型。

DSCN9602.jpg
パーツもグレードアップさせる。

DSCN9603.jpg
戦闘機形態。

DSCN9606.jpg
キャタピラは出っ張ったのと引っ込んだのを2種類つくって差し替えないとだめそうだな・・・・

DSCN9608.jpg
ジェットノズルがつく土台のことも考えて手を1ミリ伸ばす。

DSCN9609.jpg
キャタピラがつく土台もちょこっと作った。

DSCN9599_20110419214607.jpg
5時間作業してこれだけか・・・・

DSCN9611.jpg
最初のザクほどにはしないけど、せめて動力パイプの受け部分はもう少し幅をせまくしたいものだ。
マジックのラインでカットする。

DSCN9612.jpg
ほら、だいぶ元祖にちかづいたでしょ?

DSCN9613.jpg
手首の隙間をつめてほしいとの事で、関節の問題があるため、まずはマジックのラインで幅つめ。

DSCN9616.jpg
カットした状態。

DSCN9617.jpg
この状態で手首の付け根を埋め。
なおかつ肘下を丸っぽく筋肉質な感じにパテもり。

DSCN9618.jpg
つま先の部分も修正するのでパテをもる。

DSCN9620.jpg
もうキットの細い印象はないな・・・


稼げるメルマガ!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。