ブログでノスタルジア!
80年代模型が中心です。なるべく一日にちょっとでも作業するようにして更新していこうとおもいます。それでも更新できないときはごめんよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こまかい処理 (1/600イデオン)
DSCN9528.jpg
関節の位置を微調整。
伸ばした状態で足の長さが1ミリ以上違う。
細かい誤差がかさなって出来たもののようだ。

一度接着した部分を剥がしてつじつまあわせ。

DSCN9529.jpg
ギミックのための細かい調整は結構あってこういうのはめんどくさい。

DSCN9530.jpg
ポーズをとったときに関節の隙間が自然になるように少し関節部分の直角を崩してやる。

DSCN9531.jpg
外側のほうが3ミリも長いのだ。

DSCN9533.jpg
ザクのモールドはうめてもうめても終わりませんな・・・・
股関節の部分は太ももが太くなった分おもいきり削り落としてポリパテで埋めている。

DSCN9534.jpg
今日はあまり作業できなかった。

DSCN9535.jpg
ところで、やまとの48分の1バルキリーを買った。
スーパーパーツつき。

スタイルの良さは長谷川の同サイズキット並みだ。
これでバトロイドのスタイルもなかなかなのだ。

1111.jpg
以前手を加えたやまとのロイ機。
ファイターのスタイルを重視したとはいえなかなかのスタイルだとおもう。

2222.jpg
ただ胸のボリュームがありすぎる。
すごく分厚い印象なので、今回の輝機は胴体部分は変形ギミックを新造して薄くしてやれば
かなりかっこよくなるようにおもえるのだが・・・・

大変そうだが是非挑戦したい。
いつになるかわからんが。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。