ブログでノスタルジア!
80年代模型が中心です。なるべく一日にちょっとでも作業するようにして更新していこうとおもいます。それでも更新できないときはごめんよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「HOW TO BUILD GUNDAM」
HBG.jpg

すこし前ですが、手にいれました。
「HOW TO BUILD GUNDAM」
当時は強烈な印象がありました。
知り合いから「今の目で見れば全然たいしたことはない」
と聞かされてはいましたがそれを了承したうえで、たまたま
「まんだらけ」に中古プラモデルをあさりにいったとき
偶然みつけたので買っちゃいました。
たしかに今から見ればヤフオクに出品されている素人作品レベルの
ものもかなりありますね。
今のものとは基本的に追ってる方向性が違っていますが
意気込みや挑戦的なスピリットはビリビリつたわってきます。
2冊目は1冊目よりはるかに技術の向上はみられるんですけど
個人的には1冊目のほうがくるものがあります。
当時はかなり衝撃的で、ホビージャパンもトリプルドムが表紙の号
(1981年3月号)は一日で完売したらしく、ガンプラの書籍は
ものすごい大人気でしたね。
ガンプラに関しては日本中が異常な熱気につつまれていましたし。

当時は完成品を買うなんて感覚はなかったですし、逆に
組み立てたものには商品としての価値は無かったようにおもいます。
括弧よく作れれば作ってくれとたのまれたりすることもあるのでしょうが
それを買うなんて感覚はまったく無かったはずです。
それに今みたいにコレクション的に飾って満足っというよりも
やっぱり作るほうが楽しかったんでしょうね。みんな。
当時はスーパーカーブームで当然プラモかったりしていたし
スターウォーズのヒットでSFブームだったりと
民がガンプラに流れていくのは当然の成り行きというか
まさに時代の流れだったのでしょうな。

稼げるメルマガ!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
これこれ。
どうして古本屋に出しちゃったんだろう。
当時ちゃんと発売時に買ったのに。
2冊とも腐るほど読んだのに。
ロマンアルバム再販したみたいに再販してくれないかな~。

でも正直1冊目は小学生には理解の出来ない言葉が
大過ぎでした(笑)。ギャンのサーベルの作り方なんて
何度読んでも意味解らなかった・・・
2006/01/11(水) 00:57:16 | URL | さとたく。 #VsowWNG2[ 編集]
How toの2の方は、ぼくも実家に
あったので、現在、手元にあります。(ボロボロ)
1の方は、見たことないんですよねー。
2006/01/12(木) 01:49:04 | URL | 匠 #e/hwEo1s[ 編集]
>括弧よく作れれば作ってくれと

括弧ってなに?
2009/06/12(金) 19:53:06 | URL | MS-06R2 #HfMzn2gY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。