ブログでノスタルジア!
80年代模型が中心です。なるべく一日にちょっとでも作業するようにして更新していこうとおもいます。それでも更新できないときはごめんよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メガサイズザクも開始だぜ!
DSCN9406_20110225181406.jpg
試行錯誤のせいでしなくていい修正までしてしまう。

DSCN9410.jpg
手を取り付ける位置をどうするかですごく悩む。
キットのままだと手首がすごく下のほうにある。

DSCN9413.jpg
取り付け方法、位置がやっときまる。

DSCN9418.jpg
こんなバランスになった。

DSCN9419.jpg
関節がしまわれていた部分に穴があいている。
実はこの穴が他にも重量な役割をはたしているのだ。

DSCN9421.jpg
肩の出っ張りが穴にめりこんで腕をクロスするときに胴体への密着感がますのだ。

DSCN9425.jpg
腕をクロス!

DSCN9426.jpg
やはり劇中の感じにするにはすこし無理がある。

DSCN9439.jpg
見る角度によっては良くみえる。

DSCN9441.jpg
クロスをといた。

DSCN9442.jpg
スタイルはいい感じだが腕を曲げたときの肘の隙間が気にくわないな・・・

DSCN9444.jpg
何度もいうがプロポーションタイプよりははるかにスタイルがいい。

DSCN9445.jpg
メガサイズザクも開始だ。

DSCN9446.jpg
関節などは割り切った設計になっている。

DSCN9448.jpg
かっこいいけど細い。

DSCN9449.jpg
肩口をでかくするために型をとる。

DSCN9450.jpg
太ももはとにかく太く!

DSCN9452.jpg
膝あても大きく修正。

DSCN9453.jpg
型にポリパテを塗って肩口の巨大化。

DSCN9454.jpg
まぁ、うまくいった。

DSCN9455.jpg
肩のアーマーは迫力がほしい!

DSCN9457.jpg
太く大きく修正したい。

DSCN9458.jpg
さらにパテをもりつける。

DSCN9459.jpg
やっぱり腕も太くするべきだ。

DSCN9460.jpg
腰アーマーも大きく修正。

DSCN9461.jpg
後ろも修正。

フィギュア買取ネット
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。