ブログでノスタルジア!
80年代模型が中心です。なるべく一日にちょっとでも作業するようにして更新していこうとおもいます。それでも更新できないときはごめんよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
可変レギオスが・・・
CIMG0097.jpg
可変レギオス・・・作業してはいるのだがなかなか進まない。
細かい修正がおおすぎるのだ。
背面のギミックはかなり設定と近いものになったのだが
ファイターのスタイルを重視して羽を大きくしたため
羽が機首の部分を隠してしまい劇中のイメージとはちょっと違う感じになってしまった。
でも羽が90度折れていてちゃんと収まってるから、よく頑張ったと思う。

CIMG0101.jpg
自作した羽に筋彫りを入れた。

CIMG0103.jpg
対比用として組んだストレートの可変レギオス。
やっぱり羽がちっちゃいからこっちの方が設定には近いイメージだ。

CIMG0104.jpg
ギミックは設定に近くなったのにやはりイメージが・・・・
かといって羽を小さくするわけにはいかないのだ。

正面も撮影したのだが、ぱっと見がそんなに変わってなかったので載せるのやめた。
画像でも分かると思うが、足はかなり膝関節部分で長くなっているんだよね。
あと関節はかなり手を加えてポーズで表情が出せるようにしている。

CIMG0106.jpg
肩の部分なんか長さがだいぶちがってるのが分かる。
とにかく変形のバランスを考えて散々悩んでいろいろな修正を加えまくってるが
人型はぱっと見は足が長くなってるところくらいしか分からないのが悔しかった。

CIMG0107.jpg

CIMG0108.jpg
画像の物は手の部品をつけていないので足の部分が強調されてしまっているが
それでも羽の大きさがかなり小さいのははっきりと分かる。

CIMG9765.jpg
作り始めは人型をカッコよくすることをテーマにしていたが
キット自体がもとからロボット優先でつくられていたので
結局、キットでは捨ての戦闘機のスタイルをどうカッコよくまとめつつ
人型の体系をさらにカッコよくするかという方向性になってしまった。

依頼者の方も、完成品を手に入れたいという気持ちのほかに
「このキットがブログ上でどう変わっていくかを見たい。」
という気持ちがあるとの事だったので
「あっさり終わらせたら期待はずれになってしまう・・・」
という不安からここまでやってしまった。

通常はここまで手を加えることはまず無いんだけど・・・・・・


ないものはない!お買い物なら楽天市場

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして、いつも見させてもらってます
レギオスですが背部の翼がきっちり閉じるのがよいですね
キャノピーを細目に絞れば胴体自体も細くできます
OPを見ると機種形状はミグ29っぽいんです
脚部も膝下をスリム化したいですね
爪先形状も全く違いますから修正必至でしょう
2010/09/14(火) 07:34:33 | URL | レギオスばんざい #-[ 編集]
>レギオスばんざいさん

なるほど、私とは目の付け所がちがいますね。

つま先・・・キットってそんなに形状ちがいますか?
2010/09/14(火) 10:24:53 | URL | ファントム #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。