ブログでノスタルジア!
80年代模型が中心です。なるべく一日にちょっとでも作業するようにして更新していこうとおもいます。それでも更新できないときはごめんよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
可変レギオスが終わらない・・・・
CIMG9876.jpg
テキーラガンナーのフィギア塗装、まだこれで終わりではない。

CIMG9877.jpg
レギオスの頭部が収まる部分の隙間が少なくなるように頭の下にプラ棒はって削ってみたのだが・・・

CIMG9878.jpg
レギオスの羽、ぎりぎりまで大きくしていたのだが、やはりもう少し小さくしないと変形に支障が出るようだ。
後ろの付け根側の半分を5ミリほどカット。

CIMG9879.jpg
ファイターをカッコよくしようとすると、まず犠牲になるのがこの背中の羽の部分。
ここはロボット体系のときも出来るだけ密着感がほしい。
羽の先っぽをはさみ込む感じになるのでもっと薄くしなくては。

CIMG9880.jpg
強度のこともしっかり考えつつ薄くけずる。

CIMG9881.jpg
頭部の後ろがはまるような受けを製作してみた。
これによって隙間もすくなくなり、なおかつしっかりと抑えられて一石二鳥だ。

CIMG9882.jpg
見た目があまりよくないのでプラ板を切ったいたでコクピット横の小羽?の裏をふさぐ。

CIMG9883.jpg
隙間とかへこみとかパテ埋めだ。

CIMG9885.jpg
だいぶスッキリなおかつピタリと変形する感じになった。

一連の作業で5時間半もかかってる。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。