ブログでノスタルジア!
80年代模型が中心です。なるべく一日にちょっとでも作業するようにして更新していこうとおもいます。それでも更新できないときはごめんよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関節の修正
CIMG9573.jpg
テキーラガンナー、依頼者から関節の横の動きについて問い合わせがあったが、それはやらないつもりであった。
しかし、依頼者の人は気になっていたようなので一応処理をしておくか・・・・

周りにパイプをかぶせるので市販のボールジョイントは小さいものを使わなければならない。
それだととても強度がもたないので、真鍮で球体関節を自作した。

CIMG9575.jpg
取り付けた。

CIMG9577.jpg
かなり自由度がました。

CIMG9582.jpg
こうなってくると気になるのが接地面の足首だ。
修正は、う~ん、やめといたほうがいいかな・・・・
困ったな・・・・

CIMG9584_20100814043519.jpg
レギオスの首ギミックは変形のために縦に動くだけだ。
これを左右に動くように修正する。

CIMG9587.jpg
とりあえず回転軸は作ったが首が上に出っ張りぎみだ。

CIMG9590.jpg
首の位置をかなり下に下げた。機首の位置を変えるために機首の可動軸のパーツもカット。
それにあわせて首の可動軸もずらしている。

CIMG9592.jpg
機首の折れ曲がる軸をずらした。
実はこれによって羽を大きくしてもロボットのときにぴったりと羽が背中にはまって不自然ではなくなる予定。
それにまったく動かない胴体にも関節をしこんだり、いろいろな修正が出来るようになったのだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。