ブログでノスタルジア!
80年代模型が中心です。なるべく一日にちょっとでも作業するようにして更新していこうとおもいます。それでも更新できないときはごめんよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
可変レギオスと合体巨艦ヤマト
IMG_0243.jpg
可変レギオスだが、どこをどう直すか?ということをある程度計画をたてなくてはとおもい仮組みをした。
気になるところがいっぱい・・・
だけど可変オーガスのときみたいに面と面が接地がランダムな感じではないので、修正箇所のそれぞれの形態での寸法の合い方に凄く注意しなくてはならない。

IMG_0245.jpg
画像の仮組みは腕の左右を間違っている。
このキット、ロボット形態はいいとはいわないが、まあまあなのではないか。
でも戦闘機になるとひどい。
特に設定画のような流れるようなラインが無くなっている。

とにかく今考えている方向性としては、戦闘機形態はキット以下のスタイルにはしないようにしつつ
(出来れば括弧よくしたいとおもってる)
ロボット形態はグンとスタイルの良さをアップしてやりたい。

IMG_0249.jpg
で、ついに自分でもどうなるか不安だった合体戦艦ヤマトのウェザリングを開始。
地味にハゲチョロを入れ始めてみる。

IMG_0250.jpg
ここら辺のマスキング塗装も追加。

IMG_0251.jpg
大幅に改修したキャタピラはAFV定番のパウダー汚し。
これをきっかけに全体のイメージを想像する。

このマシンはキャタピラで勇ましく地を走っているマシンなのではないか?
キャタピラではないけれどアイアンギアーっぽいイメージなのかな??

IMG_0255.jpg
キャタピラに合わせて汚しも少し派手にしてみた。

IMG_0256.jpg
くるくる巻かれたようなマスキング塗装がなんかいい感じだね。

IMG_0257.jpg
上部のほうは多少の砂ぼこりがついた感じにして塗装のハゲ表現はほとんど加えない。

IMG_0266.jpg
全体的にみるとかなりいいバランスだと個人的には思うのだが・・・

IMG_0268.jpg

IMG_0269.jpg

IMG_0270.jpg
どうでしょう??

IMG_0277.jpg
レッドホークと2ショット。

あ、あとテキーラガンナー失敗!!
やっぱりスプリング蛇腹可動方式に戻すことにした。


ないものはない!お買い物なら楽天市場

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。