ブログでノスタルジア!
80年代模型が中心です。なるべく一日にちょっとでも作業するようにして更新していこうとおもいます。それでも更新できないときはごめんよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次の難関はブロンコⅡの筋彫りだ。
CIMG9433.jpg
ブロンコⅡの表面処理をすすめる。

CIMG9434.jpg
表面処理にはまだまだ時間がかかるが、とりあえず色を変えて傷の具合をみるよりも瞬間接着剤で埋めた元のラインが見えるうちに新たに筋彫りを入れるラインを決めておく。画像は鉛筆で筋彫りのラインを描いたもの。

ダグラム、オーガス、ブロンコの3つの中で今一番の難関がこのブロンコの筋彫りがうまくいくかという事なのでこれこの難関をとりあえず優先する。

CIMG9441.jpg
キットの筋彫りはこんなに太い!依頼者からの要望は「実機の戦闘機のイメージがほしい」とのことなのでハセガワバルキリーなど参考にしながら入れなおす。

CIMG9435.jpg
ラインをけがいていく。結構めんどくさいんだなこれが。
曲面はとにかく難しい。

CIMG9437.jpg
実機と比べれば当然太いが、模型の大きさを考えてこれくらいが良い感じ。




バンダイが1/100バルキリーの玩具をだすってさ。
このスケールはなんかいやだなとおもうと同時に、玩具やプラモはスレてしまうと魅力がなくなるのだなと・・・
戦闘機を犠牲にしてアニメのたくましいバトロイド体系を優先してたりしたら「すごい!」とか感じたりするかも。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。