ブログでノスタルジア!
80年代模型が中心です。なるべく一日にちょっとでも作業するようにして更新していこうとおもいます。それでも更新できないときはごめんよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/48ダグラムとブロンコⅡすすめる。
CIMG9236.jpg
ターボザックのパイプパーツを作り変え。

CIMG9237.jpg
肩につながるパイプも自作。

CIMG9238.jpg
取り外しが可能。





CIMG9239.jpg
足首のパーツを可動式にしたので、隙間が目立たないようにパテで埋める。

CIMG9240.jpg
表面処理をした。

CIMG9242.jpg
パイプの位置はキットよりも少し外側にずらしてある。
そうすると首が可動するようになる。右のパイプは内側にへこんでいるがこれはランチャーを装着するためだ。

CIMG9244.jpg

CIMG9245.jpg
ランチャーはボールジョイントで自在に動く。

CIMG9249.jpg
股関節がまた破損した。さらに、さらに、さらに強化だ!!

CIMG9251.jpg
片腕ゲッツ!

CIMG9255.jpg

CIMG9260.jpg

CIMG9262.jpg
以前一度つくったキットだが、今回はとにかくボリューム感にこだわった。

CIMG9266.jpg
まだまだ処理をしなくては・・・・・

CIMG9267.jpg
パテやプラ板で足の付け根やひざの隙間を埋めた。

CIMG9270.jpg
一軸で開閉ギミック自作(キットは引き出し式)。
しかし、プラスチックのしなりでピタッを締めた後に少し戻って隙間ができてしまう。

CIMG9271.jpg

CIMG9272.jpg
悩んだ結果、二重関節を製作。

CIMG9274.jpg
パテで処理。

CIMG9275.jpg
画的にも良い感じになったとおもう。

CIMG9278.jpg
マニピュレーターを取り付けてみた。
こいつの可動はちょっと厳しいなか・・・・・・
開閉の蓋があまり傾斜角度つけずに開いてる感じがやっぱり画になってる。

CIMG9281.jpg
最初はまったくやる気なかったが、蓋内部もショボイのでそれっぽく作り直そう!

CIMG9284.jpg
変形日ギミックのために作った足首関節のせいでこんなポーズがとれたよ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。