ブログでノスタルジア!
80年代模型が中心です。なるべく一日にちょっとでも作業するようにして更新していこうとおもいます。それでも更新できないときはごめんよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/48ヤクトダグラム開始
ワンフェスがおわってからホントつかれて休んでた。
去年の夏は、一気にやったツケがまわってきたのか一ヶ月くらいの間、鬱病みたいになってしまったけれど、今回は大丈夫。

絶対完成させるって決意ではのぞんでなかったからだろうけれど。
正直疲れて愚痴っぽくなってる。
今は映画のことはあまり考えたくないけど、やっぱりやらなくちゃな・・・・

で、やっと代行お願いされてるダグラムを開始します。

CIMG9020.jpg
このキットは以前にも個人で作ってる。
以前は幅つめの作業が基本で作業していったけれど、今回は全くつめずにたして大きくしてボリューム感をアップする方向性で作業していく。

CIMG9021.jpg
大河原先生のイラスト。
上半身が小さくて下半身が大きい。

CIMG9022.jpg
キット自体は旧キットの味があるのだが、バランスが崩れてる感じで昔っぽいバランスがたもたれているみたいな。
足が細い、胴が短い、手首でかすぎ。

CIMG9024.jpg
ちょっと関節の位置を変えてみることからはじめてみる。
足首の関節位置を下にすることによって大きく見せるのと関節の可動範囲を広げようという考えだ。

CIMG9025.jpg
胴体のバランスにあわせて足を太くしていく。
太くしすぎると形がかわるのでほどよく。1ミリ増やせばかなりボリュームがアップする。

CIMG9027.jpg
ボールジョイントをたしたのだが・・・・

CIMG9030.jpg
以前ソルティックにも応用した方法だっただが、全く位置のことを考えずに加工してしまったのでその後かなり苦しむ。
結局この位置ではだめだと判断してまたもう一度つくり直すために解体。
とにかくうまくいかなくてずっと作業しつづけると凄い頭痛がはじまるのだが、今回のこれがきっかけで頭痛がはじまってしまう。
エスカップを飲んでなんとか作業を続行する。

CIMG9032.jpg
ソルティックのときと同じ方法で股関節を製作してみたのだが、ダグラムの場合はキツキツで全然うごかない。

CIMG9037.jpg
その後試行錯誤してなんとか可動範囲を広げることができた。
ここら辺で道が開けた感じになり、なんとなく頭痛もひいていく。

CIMG9038.jpg
立ちポーズも自然な感じで決まりそう!

CIMG9039.jpg
しかし腰の横のパーツをつけると全然可動しなくなってしまうようだ。

CIMG9040.jpg
この腰のパーツは本体にめり込んでいることにして脚を広げると押し上げられて可動するという解釈に変更することにした。
めり込む部分をカットしたところ脚はさらに驚きの可動範囲になる。怪我の功名

CIMG9047.jpg
腰関節が大きく可動しても足首が連動して可動しなければポーズとしては無意味。
足首も二重関節に加工。

CIMG9051.jpg
胴体も二重関節に加工だ!

CIMG9054.jpg
足首の上下パーツにも1軸の二重関節を仕込む。これは意外に効果があるのだ。

CIMG9055.jpg
これは以前製作したダグラムをはるかに上回る出来になりそうだぞ!
脚の可動範囲はかなり手を加えたブロックヘッドよりも全然広い。

CIMG9058.jpg
これは以前作ったときもやった。肩関節の位置を下にする方法。
今回は肩にもボールジョイントを仕込むのでつめ方は以前よりも少ない。

CIMG9060.jpg
肩の差込部分にボールジョイントを仕込んだ。

CIMG9066.jpg
脚を太くして胴をのばして関節の位置もかえてボリューム感はアップしたはず。
今回肘関節は加工しない。自分の考えでは肘と膝はだいたい直角にまがればOKという考え方なので。
膝関節はちょっと加工してある。
肘関節に関しては可動範囲の修正はしないが、ポリキャップパーツを使用してないので、関節のへたりの対処はこれからやろうとおもう。

CIMG9070.jpg
後ろ。ダグラムはこのターボザックをつけることによって更なるボリューム感を得るのだ。

いやー、一気に頑張ったわ。
この辺でいったん一区切りということにしておこう。

映画製作で俳人化しかけて、こいつが良いリハビリになってるのに、プラモ製作でまた俳人化したら洒落にならないしね。

可変オーガスとブロンコも代行もらってるしね。こいつらも平行作業でいくよ。

結局俺は安らぎ要らない男なのか・・・・・


ないものはない!お買い物なら楽天市場
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。