ブログでノスタルジア!
80年代模型が中心です。なるべく一日にちょっとでも作業するようにして更新していこうとおもいます。それでも更新できないときはごめんよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/48アイアンフット
CIMG6019.jpg
アイアンフットも不定期ですすめていこうかとおもう。
パーツがでかい!!

CIMG6020.jpg
CIMG6021.jpg
手首パーツは基本的な大きさと形はいい感じだ。
もちろん修正は必要だが・・・。

グーは修正せず組むとしてもこのままでいく。たいへんだから。
ノスタルジーに浸るにはいい形だろう。

指差し手首は形が面白くできもいい。
だから握った指の隙間の形を後から彫刻できるように接着前に中をエポキシパテでうめておく。

CIMG6024.jpg
CIMG6026.jpg
CIMG6027.jpg
肘関節は直角とまではいかないが、それに近い角度までまがる。
ブロックヘッドのときとは大違いだ・・・・。
肘関節は形をくずしてまで二重関節にする必要はないだろう。
アイアンフットは両手で銃を構えたりしないし。

問題ない部分は接着。あとはテープで仮組。
しかしボリュームがすごい!

CIMG6030.jpg
CIMG6031.jpg
CIMG6032.jpg
足底は特に問題ないので組んでしまう。
しかし下半身はそれ以外が問題だらけだ。
せっかくの膝の二重関節も何故こんな位置に設定されているのか設計者を小一時間問い詰めたいところだ。

足首の二重関節も今回は隙間がないのでしこめるかどうか・・・・・

CIMG6033.jpg
CIMG6035.jpg
仮組してみた。
限界まで思い切り足を開いて前後させて膝関節もめいっぱいまげて立たせてみた。
それが上の画像。ひどすぎだろ?

関節に関しては下半身は大幅に手をくわえなくてはならないようだ。

ブロックヘッドのときもそうだったのだが、デザイン上の都合で、関節をしっかり仕込んでもあまりうごかないんだよなぁ・・・・ダグラム関係は。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。