ブログでノスタルジア!
80年代模型が中心です。なるべく一日にちょっとでも作業するようにして更新していこうとおもいます。それでも更新できないときはごめんよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やまと 完全変形ガーランド
DSCN4953.jpg

ガーランド、いじってみた感想だが、正直最初イベントで展示物見たときは、バイク形態のパーツのばらばら感に正直気持ちがなえまくったのだが、製品化したものをみると設定との形の違いはあるもののかなり旨くまとめられているとおもう。

DSCN4956.jpg

ロボット形態のほうは、こちらを基準にしただけあってかなり完璧ともいえるプロポーションだ。
ただ完成されすぎていることが少々気に入らない感じもする。


DSCN4954.jpg

透明パーツの感じとかはかなりポイント高くていい感じだ。

製品自体、かなり深く考えてつくられているように感じられる。
ただそつなく旨くという印象をどうしてもうけてしまう。
もう少し癖のつよい仕上がりでもよかったのではないだろうか?

ロボット形態のほうに100%基準を置かなくてもよかったのでは・・?
とおもってしまう。70~80%くらいでよかったかも。

バイク形態のとき足がでかいのはまあゆるせるとしても
フロントの下に腕パーツがはみ出しているのはどうしても個人的に
好きではない。

こういうのがツラ位置にピタッとおさまるところに変形メカとしての
快感があるのだとおもうのだけれど。
そういう道理を通した上で出てくる変形メカの微妙な破綻から生まれた独特のプロポーションが変形玩具臭くて私はすきなのだけど。

出来がよすぎて変形玩具臭さが無いのが個人的には残念。



.
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私は、このやまとのガーランド、なかなか良いモノだと思います。やはり変形玩具なのでしょうが、やまとのモノは一つも二つも他社のモノより出来が良いと思います。
それは、バルキリーについても言えると思うのですが、玩具としてガシャガシャ変形させても、壊れない安心感と、それぞれの形態に安定したリアルさがあることにあると思います。
特に、このガーランドは玩具としてのガッシリ感とバイク時とロボット時のリアル感の出来は今までのやまとの製品の中でもトップクラスだと思います。ファントムさんが言うように効果的にクリヤーパーツを多用しているのにも好感がもてます。
ただ、やはり、玩具は玩具といった感はしょうがないにしろあります。
WAVEのガレキのガーランドとこのやまとのガーランドのどちらを飾っておきたいかと言われたら、やはり、出来がそれなりのガレキであればガレキの方を取ってやまとの玩具の方は押入れ行きでしょう。実際、やまとガーランドは二回程、変形させて遊んだ後は箱の中に戻しました。要はまだまだ、ガレキにも魅力があるということがあるということが言いたいだけなのですが。
やはり「らしさ」でいうと私の場合はガレキの方がまだ上かなと思います。
ただ、やまと1/12スコタコの様なものは、あれは、降着ギミックもさることながら「らしさ」というか「リアルさ」もありますし、モデラーによって、よりリアルに仕上げられた作例も沢山ありますし、私の中の玩具という概念の中からは、抜けた存在だと思います。
とは言え、やまとの商品で楽しみなのは、もう秋発売予定の1/12ブルタコぐらいかなとも思っています。
2006/06/09(金) 20:42:01 | URL | シオシオ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。