ブログでノスタルジア!
80年代模型が中心です。なるべく一日にちょっとでも作業するようにして更新していこうとおもいます。それでも更新できないときはごめんよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モスピーダ再開。
DSC00210.jpg
丸く穴の開いたところに、パーツが出たり入ったりするギミックを
しこまなければならない。
なので中の足をみじかくしないとね・・・・・

DSC00211.jpg
足を分解した。

DSC00212.jpg
足をどうやって固定しようかとずいぶん長い間悩んできた。
いまのところ膝の一点止めでぐらぐらしていたのだ。
結局こんな風に受けを作った。

DSC00213.jpg
ランディング体系の足の状態がこれだ。

DSC00214_201412281852009ea.jpg
こういう方法はさけたかったのだが、足の伸縮において伸ばした状態では
プラ板でつくった受けの穴では脚を伸ばしたときにぐらぐらしてしまう。
よってスライドしたときの足首の部分も同じように太くしたのだ。


やまと製品
↑↑↑↑↑
やまと製品のオクを紹介しておこう。
やまとの倒産後、アルカディアも製品の引継ぎはおこなわないといっている。
(一部をのぞいてだろうが)

中古ショップからもやまとのボトムズの1/12製品やマクロス関係が次々と姿を消している。
もし、今、そこそこ安いものをみつけたら即「買い」だとおもうよ。

うちらの世代にとっては、やまとが商品化してくれた玩具は昔のゼネプロ製品よりも
魅力的だったと思える。
モデラーにとっても手を加えて完成させるにはもってこいの玩具だった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。