ブログでノスタルジア!
80年代模型が中心です。なるべく一日にちょっとでも作業するようにして更新していこうとおもいます。それでも更新できないときはごめんよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
忍耐で作業!
FJ310276_2014081015565118d.jpg
スティックタイプの腕の武器

FJ310278_20140810155653498.jpg
装着できるように加工。

FJ310279_20140810155654a0f.jpg
細かいパーツを取り付け作業。

FJ310280_20140810155655a91.jpg
足首は伸びてつま先が前にせり出す構造に実際の変形もなってるので
同じようにつくる。

FJ310282_20140810155657086.jpg
やはりここは金属で製作しないとだめだね。
安定感の問題だけでなくて可動させたたときの粘りのある感触が
高級感をかんじさせてくれる。

FJ310284_20140810155750d37.jpg
だいたい1センチくらい幅が増える。

FJ310286_20140810155751597.jpg
膝下のライディングスーツ状態。

FJ310287_20140810155753ecb.jpg
ライドアーマー状態。

FJ310288_20140810155754e63.jpg
関節自体が下にスライドする構造になっている、
やはりここも金属で関節を製作。

硬いから加工がたいへんだ。

FJ310289.jpg
変形後と変形前ではこんなにボリュームが違う。

FJ310290_20140810155831d2a.jpg
やむ終えなくバイクのボリュームを小さくした設定でアーマーを着せたが
それでも人間よりもとてつもなく大きいことがわかる。

ほんとうにパワードスーツというか、単なる鎧ではないね。

FJ310294_20140810155832e38.jpg
アーマーを外した状態。

FJ310295_2014081015583426f.jpg
ここのわき腹のパーツの取り付けは本当にどうするか悩んだ。
ワンタッチ式をあきらめて、ちょっと取り付けがめんどくさい感じになってしまったが
それでも出来るだけシンプルにしたつもり。

モスピーダ
オクみたけどインビットのおもちゃが高い。

アメリカのOさんからタダでいただいたんで、もってるからべつにいいけど。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
バックパックがエラいボリュームに成ってますが、直立出来るんでしょうか?^^
2014/08/12(火) 05:41:51 | URL | QP #-[ 編集]
今のところは大丈夫です。
タイヤをめちゃくちゃ軽量に作る必要が出てきそうです。
2014/08/12(火) 07:14:09 | URL | f #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。