ブログでノスタルジア!
80年代模型が中心です。なるべく一日にちょっとでも作業するようにして更新していこうとおもいます。それでも更新できないときはごめんよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/6ライドアーマーはボリュームがすごい!
FJ310922_2014052512010458f.jpg

1/6人形に装着しているわけだが、ほんとうに1/6かとおもうくらいにボリュームがすごい。
バイクが一台体にくっつくんだから当たり前だが・・・・

それと今回は細かいパーツが多いね。

プラ板のはりあわせをいままでやってきたけれど、
実際、細かくてエッジの立っているというパーツの製作が一番大変だとおもう。
ダグラムの細かい武器みたいなのが一番きつかった・・・・

FJ310923_20140525120105117.jpg

ボスパルダーみたいにはりあわせがかなり多くても、面が丸だと
あとあと磨いてしまうので、そんなに神経を使わなくてもすむため
いまから考えれば仕上げは楽だった。

今回は細かいパーツの仕上げも多いし、どうしたらいいのか
一番頭を悩ませているのがタイヤの溝の処理だ。

ビーグルの製品みたいな単純なものではなく
本心では今井の可変キットのレベルにしたいとおもっているのだが、
あんなものが手作業でできるのかと、先の見えぬ状況だ。

今回は設定にない細かい部分まで作る予定なので
大胆に作り方を変えてみようとおもっている。
ちょっとした冒険だ。

方法はまたあとでお知らせする。
うまくいくかどうか不安だな・・・・・・

クラッシャージョウ
たまにまマニアックなものも検索してみ。
玩具が最近でたみたいだけど、プラモの相場はさがったのかな?

昔のものを何から何まで製品化とは創造性の薄い次代になったものだね・・・・
それとも企画者がファンでマニアックなものを製品化してよろこんでたりするのかな??

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。