ブログでノスタルジア!
80年代模型が中心です。なるべく一日にちょっとでも作業するようにして更新していこうとおもいます。それでも更新できないときはごめんよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/8ターボカスタムを再開したよ。
FJ310189_20140102224030432.jpg
降着ギミックのために処理したところの面を綺麗にする。
あるていど磨いてからべっとりパテをぬった。

FJ310190_201401022240326ea.jpg
ターボカスタムといっても2種類のターボカスタムの選択式だ。
今回は差し替え可能にする。

ダクトの交換をどうしようかいろいろ悩んだあげく、
マグネットによる交換式にすることにした。

FJ310192_20140102224034c0c.jpg
こんな風に差し替えが可能。

FJ310193_20140102224035194.jpg
反対側のランチャーの止め具だが、溝の関係と素材の厚みの問題で
マグネットは使えなかった。

真鍮棒による差込式の交換式にした。

FJ310194_201401022240370f6.jpg
もうかたほうのターボカスタムの武器への変更のために
また中にマグネットを仕込む。

FJ310195_20140102224630f89.jpg
マグネットを仕込む際にえぐってしまったモールドを復活させる。
市販のパーツをはめ込む。

FJ310196_20140102224635b22.jpg
しかし、モールドをはさみ込んだせいで磁力が弱くなってしまい
パーツの保持力がなくなってしまった。

なので前のほうにもう一つマグネットを仕込んだのだ。

FJ310197_20140102224637c3f.jpg
これでなんとかなるはず。

FJ310198.jpg
ザックの設置面部分にも固定用のマグネットを仕込んだ。

FJ310199_201401022246408e4.jpg
のこった細かいパーツも組んでいく。

FJ310200_20140102225108260.jpg
なんとか自立してくれているよ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。