ブログでノスタルジア!
80年代模型が中心です。なるべく一日にちょっとでも作業するようにして更新していこうとおもいます。それでも更新できないときはごめんよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
永遠につづくのかと錯覚するような作業だ
FJ310340.jpg
足にもビスを装飾する。

FJ310341.jpg
袖あたりにもビスをつけた。

FJ310343.jpg
サフェを塗ってみた。

FJ310344.jpg
全体的に見るとこんな感じ。
ビスが控えめな感じでバランスはちょうどよいとおもう。


FJ31o.jpg
さて1/8だが、いろいろ悩んだ結果、関節の位置を矢印の部分に構成しなおすことにした。
降着のことを考えたのならばこちらのほうが都合がいいのだけれど、理由はそれだけじゃない。

矢印の位置に関節があったほうが、膝関節の可動範囲は比べものにならないほど広くなるからだ。

FJ310346.jpg
パーツを切断していく。

FJ310348.jpg
他にも必要な部分は切断して構成しなおしていく。
ピラニアソーが入りづらく切断が困難な部分も多かった。

FJ310349.jpg
右が修正前のもの。
形はとりあえずおいといて、とにかく位置の修正だから

FJ310350.jpg
可動はこんな感じになるわけだ。

FJ310351.jpg
1つできたらもう1つも修正。

えぐられた部分の形つくりはまだ少し先だね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。