ブログでノスタルジア!
80年代模型が中心です。なるべく一日にちょっとでも作業するようにして更新していこうとおもいます。それでも更新できないときはごめんよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボスパルダーは忍耐作業。1/8ターボカスタムはいろいろ考え中。
FJ310304.jpg
また黒く塗ってキズを確認する。

FJ310305.jpg
かなり綺麗にしたつもりだったが、傷や凹みが沢山あったわ・・・・

FJ310310.jpg
左右非対称だったりするので修正をくわえる。
結構微妙なところがあるので細かい修正が辛い。

FJ310311_20131116115458ed0.jpg
裏打ちしたパテとプラ板が空いてしまって隙間ができてしまったりするとこのもある。
そういう時は穴を一度開けて処理してまた埋めるという作業。
結構何度もなおしてる。

FJ310312_20131116115500950.jpg
さらに磨きをつづける。

FJ310314_20131116115945fa6.jpg
とりあえず磨いた。微妙な歪みをとっていくためにあと1~2回転しなくちゃだめそうだ。

FJ310315_201311161159460b5.jpg
1/8ターボカスタムだが、可動範囲を広げる。

FJ310316_2013111611594828b.jpg
あと弱いところはネジで補強をいれる。
これは絶対必要。

FJ310317.jpg
たした関節、可動範囲をひろく修正。

FJ310318.jpg
こんなに曲がるようになった。

FJ310319.jpg
膝パーツ。

FJ310320_20131116120404972.jpg
いままでだまってたけど、挑戦しようと思っていたのは降着ギミックだ。
ターボカスタムはデザインで構造的にすこし無理があるのと、
あとは大きいので強度が出せるかという問題で悩んでいた・・・
が、やることにする。

このモデルにしかない付加価値をつけたいから。

FJ310321.jpg
とりあえずだね。
切ったものを単純においてみるとこんな感じ。
他にもパーツがつくのでこれじゃお話にならん。

FJ310322_20131116120408ca7.jpg
膝の出っ張りがこの位置までくれば何の問題もなく降着ができる。
しかしストロークがあきらかに足りない。
1/24を修正したときも無理を感じたけど今回はさらに厄介だ。
もう後にはひかんが・・・。

FJ310323_20131116121054dfa.jpg
既製品のパーツを加工して金属パーツをつくった。

FJ310324.jpg
とりあえず、WAVEが出してるノーマルのスコープドックみたいに一軸ふやすというのも手だが、
画像の感じだとまだまだ全然降着はできない。
膝のあたってる部分にまだ装甲版と片方の膝にはパイプの足場?がつくので
それを間にかますと、とても降着状態までは程遠くなる。
こまったもんだ・・・・・

FJ310326_20131116121056684.jpg
はて、これからいろいろ考えなければ。

ただし強度だけは絶対必要だね!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
凄すぎる ターボカスタムを降着させるとは
やっぱカリスマだわ
2013/11/16(土) 20:24:34 | URL | キングタイガー #-[ 編集]
たいしたことないですが、
それより1/8ノーマルスコープドッグの降着のための股関節部分のギミックはゆるすぎて使い物になりませんな・・・
ああはしたくないものです。
2013/11/17(日) 11:49:47 | URL | f #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。