ブログでノスタルジア!
80年代模型が中心です。なるべく一日にちょっとでも作業するようにして更新していこうとおもいます。それでも更新できないときはごめんよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/6 モスピーダフルスクラッチ、問題が一つ解決!
DSC00236.jpg
手に関しては軟質な材質だったので手袋のような加工が出来るかとこまっていたのだが、
探してみたところ海外製の人形のオプションで手袋の手首パーツが売っていた。
購入してこれを使うことにした。

DSC00237.jpg
確認用の紙製の機体。
もう必要ないので処分してしまう。

DSC00239.jpg
当初、スティックの頭もこれを流用する予定でいたのだが、
体に対して微妙に大きいのだ・・・・

それにモスピーダのヘルメットというのは、透明パーツを挟み込むような形で
アゴの周りに大きなパーツがついている。
なので実際人間の頭にきちんと合うようなものを作るとなるとものすごい
頭でっかちになってしまう。
なのですこし小さめに誇張して作る必要があるわけだが、
今回の作例ももちろん小さめにつくってある。

だから中の頭も無理やり顔の部分だけをはめ込むか、
それで不自然だったら小さく作り直してやる必要がある。

このへんが今ちょっと悩んでる部分だ。

DSC00241.jpg
手首をつけてみた。
手袋をしてない手首もできたら差し替えられるようにしたい。

全体の仕上げとしてはまだまだ細かい磨き作業が沢山ある。
スポンサーサイト
やまとの可変玩具バルキリーについて言いたいこと。


最近やたら買い物をしているのだが、やまとの旧1/60の玩具をかったので
前から気になっていたことを書いておく。

自分はバルキリーが大好きで、イマイのプラモは何十個もかったのだが、
それに反して、ハセガワバルキリーや、やまとの可変玩具は発売時には買っていなくて、
中古を何年もあとになってからた安かったので買ったりとかそんな感じだった。

で、今回初めて、やまと製の旧/60を手にいれていじってみて、なぜそんな旧式のものを
買ったのかということも含めて書いておく。
(本当は手元の玩具の画像を載せたりするべきなのだが、ちょうど忙しくて時間がないので
Youtubeから拾ってきた画像で失礼する。)

タカトクトイスの玩具は当時高かったから買えなかっただけなのだが、
やまと製の旧1/60が発売された当時はプラモもオモチャも買っていなかった状況
ということもあり、イマイチ興味が薄かった。
(それでも世間では玩具に興味ない友人が買っていたりとか、そんな状況だったとおもう。)

あとから雑誌で玩具の1/48が発売されたことを知り、その完成度にも当時は驚いた。

過去の記事で自分もリペイントしてたりするの興味があったら見てほしい。
http://nosutaru.fc2web.com/anime-model/MACROSS/sono-ta/gangu-VF-1S/1-48VF-1S.html

実際手にとってみると、1/48にもじつは不満があったのだが、
新しく発売された1/60VF-1を見たときはさらに違和感を感じたのをはっきりと覚えている。

いまとなっては、やまとの旧1/60VF-1には愛着のようなものが感じられるし、
後に発売された、1/48と1/60よりも個人的ににはカッコいいと思っている。

その理由はというと、イマイの可変プラモのバルキリーが腕が太かったように
やまとの旧1/60も腕が太くてしっくりしていて勇ましい。
(今井の可変プラモは、そのせいでファイター時にガンポットがつけられなかったが旧1/60はちゃんとつけられる。)
胸のパネルも違和感無くぴったりと体についている印象がいい。
あとは首が据わっている感じがするのも好きなところだ。
ファイターの機種の太さもこっちのほうが断然好きだ。

1/48での一番の不満はとにかく腕が細すぎること。
それと不自然に浮いた胸のパネルが嫌いだ。
肩と胸のパネルの隙間がかなり嫌だ。

その後、発売された新しい1/60を見て一番に目がいったのが、
機種が1/48よりも短くなっていて、なんか太く大きくみえてシャープさに欠けるところだった。
それも嫌だたけど、相変わらず細い腕と浮いた胸のパネルが嫌だった。
(手元にある1/48を見る限りではうまく改良してギミックを加えれば、あと7ミリはパネルを体に密着させられるように感じるが・・・・。)

新1/60は1/48よりもさらに進化していて旧1/60とは雲泥の差だということは理解できる。
旧1/60とは比べる価値もないといっていい出来だということもはっきりと理解できる。

ただ、バルキリーが本当に大好きな自分が、どうしても新1/60は愛着を感じられないし、
旧1/60のプロポーションの方が好きなのだ。

もちろん細かいところをあげれば旧1/60のほうも不満は沢山存在する。
とくに股関節のジョイント部分の出っ張りははっきり言って見苦しい。

旧1/60に関してはあとで時間ができたら自分なりに改修してみようかと考えている。
これに関してはモチベーションが高いので、だいぶ先になるかもしれないが
楽しみにまっていてほしい。

今回、営業妨害とも言えるような記事を書いてしまって、開発者の人には申し訳ないが、
実際「やまと」の玩具は個人的には大好きだ。
会社は倒産してしまったけれど、当時のモデラー少年が妄想で商品展開しまくったような
アイテムぞろいで本当にすばらしい!!

ただ今回は、長い間、自分が感じていた違和感をどうしてもいいたかったし、
他の人でも同じように感じた人はいないのだろうか・・・?、と
すごく気になっていた。

同じような不満を言ってるひとを知っているなら、どうかコメント覧にコピペアドレスはってほしい。

忙しいのに、文章書くのが嫌いな俺が、こんなにも長文かいちまったわ・・・・
買い物をした。(あと、転売のはなし)
フルスクラッチモスピーダはヘルメットやフロントのガラス?部分をクリヤー化するための準備をしている。
細かい傷を磨いてシリコン取りの準備なので、まあ、わざわざ画像をのせるほどのものではないね。

ところでタカトクトイスの玩具を買った。
オーガスはイマイのプラモデルと同スケールの1/40のはずだが、
プラモデルよりもだいぶボリュームがある。

DSC00038.jpg

DSC00040.jpg
(DSC-RX100で撮ったがフォーカスも合いやすく背景もいい感じにぼけて使い勝手も申し分ない)

実は最近はできるだけ物を買わないようにしていたのだが、
それでも定期的にストレス発散でいろいろな物を買ってしまう。

自分と同じ境遇の人はちょっと聞いてほしい。

前前々回にメルマガのアドレスをはったが、そのときプレゼントしてもらったオークションノウハウが
きっかけで、自分もいろいろお買い物をするようになった。(店でもオークションでも)
儲けをだすというよりも、損をせずに(逆に利益がでて)良いストレス発散になるからだ。
これは一石二鳥だとおもう。何よりも我慢する気持ちを抑えなくていいので楽になった。

他にもオークションのノウハウのメルマガに登録してわかったのだが、
輸入をしなくてもやり方次第で全然利益を上げることができることがわかったし、
なによりも、買い方の発想とかが凄く参考になった。

もし、このブログをみていて職に困ってるひとがいたら転売をやってみたらどうだろう?
(ただ、完全自己流ではじめてしまうと損するので、しっかり利益を上げている人の情報を集めてから
やったほうがいい)
ある人のメルマガで知ったのだが、一眼のカメラにかんしてはオークションでも需要と供給が
追いついていないほどすごいのが良くわかる。
メルマガで無料で出してくれる情報もかなり有力なものが多いと思う。
(信じられないが、ヤフオクで買ってヤフオクで転売しているのだ!!)

きなくさくなるのでアドレスははらないが、カメラ転売とか、そういったキーワードで検索すれば
情報出てくるとおもう。

さらにそのカメラ転売していたひとが言っていたのだけれど「カメラ転売以外では儲からない。」
と聞いて実際フムフム・・・・と納得していたのだが、じつはそうでもなくて、いろいろ調べていくとサラリーマンで
転売やりながら月収100万とか稼いでる人がいてびっくりしたわ!

まあ、とにかくだ、自分は儲けは二の次でストレス発散としてヤフオクでバリバリものを買っていくわ。
玩具とかプラモ関係のもの買ったらまたブログで報告する。

表面処理が大詰め
DSC00021.jpg
タンクのへっこみの部分をプラ板で作成。

DSC00022.jpg
塗装に支障がないパーツはくっつけてしまう。

DSC00023.jpg
継ぎ目はパテをもる。

DSC00024.jpg
このパーツは型取りして透明化しなくてはならないね。
たいへんそうな予感・・・・・・


DSC00224.jpg
ところでこないだ言っていた新しく買ったカメラを紹介する。

DSC-RX100

携帯がカメラ代わりの世の中なので、メーカーも生き残りに必死で
最近のデジカメは恐ろしいほどの性能をもったものが出てきている。

DSC-RX100は
「一眼レフの性能をコンパクトデジカメで」
というコンセプトに作られていてネットで使ってる人の話を聞いたら
一眼のカメラで本体といろいろなレンズを持っていかなくても
これだけで事足りてしまうなんて事をいってる人がいた。

それを聞いて買う決意をしたのだが、(もっと上位機種はあるが、予算の関係でこれにした。)
実際買って使ってみたところお世辞抜きでかなり凄い。

知識など無くても一眼レフなみの写真が本当にとれてしまう。

Youtubeに商品紹介の動画があったのではっておく。



最近の自分は写真趣味はないのだけれど、写真撮るために出かけてみたくなった。

DSC00026.jpg
臨時で使っていたカメラ紹介。

HDR-GW66V

こちらは基本的にムービーのカメラなんだけれど、水深10m防水で、1.5mの落下の耐衝撃。
静止画はイマイチな感じだった。

このブログで模型以外の話をするのも気がひけるが、
最近SONYがもっと小型の防水ビデオカメラを出したせいか、みんなそっちをほしがるようで
このカメラのオークションの価格はぐんと落ちた。

DSC00027.jpg

ただ自分はムービーを撮るなら最低これぐらいの大きさがないと安定した映像は撮れないと
思ってるのでこれでいい。
液晶で確認できる映像も大きくて撮りやすいし。

小型のカメラは便利であって、また違った楽しみ方が出来るので
自分は購入の予定がないけど、それはそれでいいと思ってる。



【あす楽】 ソニー Cyber-Shot DSC-RX100 (Sony コンパクトデジタルカメラ)

価格:37,100円
(2015/1/5 19:07時点)
感想(208件)


楽天での最安値はこれだ。


ヤフオクのDSC-RX100
 ↑↑↑↑↑↑↑↑
オークションだと、程度の問題もあるが、ここ最近、中古は3万をきり始めた。
(検索では上位機種の DSC-RX100M3 DSC-RX100M2 も混ざってしまっているので注意)

自分はここまでの性能は必要ないけれど、結構綺麗に撮れて
HDR-GW66V みたいに水深10m防水、1.5mの耐衝撃みたいなカメラに魅力を感じるな・・・・
って人にお勧めのカメラはこれだ。

DSC-TX30

【あす楽】 ソニー Cyber-shot DSC-TX30(D) オレンジ (Sony コンパクトデジタルカメラ)

価格:24,200円
(2015/1/5 19:20時点)
感想(23件)


水深10m防水、1.5mの耐衝撃、1.54mmの薄さで持ち歩きやすい。
サイバーショットならではの高性能はメーカーのページでみてくれ。
http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-TX30/


このカメラで撮った動画を上げてる人がいたので参考にはっておく。


ヤフオクのdsc-tx30
↑↑↑↑↑↑↑
オークションも一応はっておく。こちらも最近中古は2万きりはじめた。

結局、DSC-RX100を買ったけれど、じつはギリギリまでdsc-tx30のオレンジタイプの方を
買おうと思ってたんだよね。
ただ、HDR-GW66VがあるからDSC-RX100と使い分ければいいかなって・・・・・・

前にもいったが自分は写真の趣味は無い。(どちらかどいえば断然デジタルビデオカメラ派)
模型の完成品写真を撮るだけだ。
携帯のカメラが調子悪くなるまではずっとそれでとっていたくらいだ。

模型の話以外で興味ないだろうけれど、
これでも言いたいことを3分の1に抑えたつもりだ。
なので許してくれ。


いままで完成品画像撮影にものすごく苦労していたが、これで何の心配もなくなった。
(ほんとうに簡単に思い通りの画が撮れるんだから!!)

しかし、作業場に持ち込むと汚れてしまうので、作業工程の撮影は別のカメラ使うわ。
モスピーダフルスクラッチには終わりがない・・・・・
DSC00010.jpg
腕の人口筋肉というか、アーマーの支えを作った。
これがないとパワードスーツとしては変だからね。

DSC00011.jpg
油圧みたいな感じで伸び縮みするので可動範囲も結構ひろい。

DSC00012.jpg
ボールジョイントを使った。

DSC00013.jpg
胸のライト部分もそれっぽい機械みたいなものを仕込んでいくつもりでいる。

DSC00014.jpg

DSC00015.jpg

DSC00016.jpg
人間サイズのメカなので地味にポイント的に筋彫りを入れていく。

それと気がついたひともいるとおもうけど、いつもと写真の印象がちがうでしょ?

じつは新しいカメラ買ったんだよね。

ここ最近は携帯のカメラも調子わるくて、何回かはムービーカメラで静止画撮影してたんだけど
遂にいいカメラ買ったから。

完成品を画像に残すとすれば重要なアイテムなので後で紹介しようと思う。

それと以前一度やってすぐやめてしまった、ツイッターのほうに画像を上げていく
っていうのをまたやろうかと思ってる。
(ものによっては完成するまではツイッターにしか画像のせないとか)

行動に移すときはブログでお知らせするので。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。