ブログでノスタルジア!
80年代模型が中心です。なるべく一日にちょっとでも作業するようにして更新していこうとおもいます。それでも更新できないときはごめんよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっぱりタイヤはいいもんだ
FJ310394_20140831094437480.jpg
タイヤがつくとモスピーダって感じだね。

FJ310397_201408310943488f5.jpg
まだ細かいパーツとかつくらなくちゃならないし、ギミックも考えないとね。

FJ310399_20140831094350986.jpg
さて、みんなが拍手を沢山押してくれたので作りかけのしょうかいでもするか。

ダンバインの箱をあけると、オーラバトラーだけでもこれだけの作りかけがある。
他の作品も同じだし、とくにマクロス関係となるととんでもないことになっているのだ・・・・

FJ310400_20140831094351aa4.jpg
かなり昔画像をのせていたけれど、30センチのでっかいダンバインを紹介。
元キットの実物は本当に酷いので相当な手間をかけてプロポーションを修正。

FJ310401_2014083109435315b.jpg
あれからハッチ開閉のギミックも真鍮のチョウバンに変えたので開閉がだいぶスムーズになってる。

FJ310402_201408310952069e6.jpg
元より頭はだいぶ大きくなってるよ。シルエットも変わってる。


どう?他の作りかけも見たいかい?

じゃあ下

↓↓↓
スポンサーサイト
タイヤの複製完了
FJ310346_2014082822132059a.jpg
FRPで複製した。

まあまあうまくいったよ。

ところで組み立て終わってる製作中のキットが山ほどあるんだけど見たいかい?

あんまりネタばらしはしたくないんだけどブログがさみしいからさ・・・・・

みたいなら拍手おしといて。
いやー、両方とも苦戦したわ。
FJ310344_20140826011610d19.jpg
この程度って思うかもしれないけど、手作業でいれるのってめちゃ大変だったよ。
だいたいいいが、もうすこし綺麗にしないと。

FJ310340_201408260116091fb.jpg
こっちのエルガイムもてこずった。

このHGエルガイムのシリーズとHGダンバインのシリーズは
開発側にやる気がまったく感じられないキットだったね。
全部チェックしたわけじゃないからなんともいえないけど
詰めのあまさというか、致命的な問題点をほったらかしのまま
製品化というか・・・・・
とくにズワーズは本当に酷かった。
ボックスの写真だけみてればまぁまぁにみえるかもしれないけどさ・・・

で、このエルガイムはそれなりに手を加えてある。
組んだことある人なら真っ先に不満を感じるであろうところを
修正してある。

ちょっとおちついてからウェザリングをかけようかね。
タイヤとエルガイム
FJ310334.jpg
やっぱり手作業でのタイヤ溝堀はたいへんだ。

FJ310336_20140823224823a7e.jpg
エルガイム祭りのリクエストもらってたので
塗装中のエルガイムの塗装を始めちゃったよ。
ライディングスーツ
FJ310328.jpg
表面処理を進める。
エポキシパテのでっぱりも綺麗に磨き取った。

FJ310327_2014082119435998a.jpg
太もものプロテクターを作るためにエポキシパテをもる。

FJ310330_20140821194401837.jpg
削っていく。

FJ310331_20140821194402e0a.jpg
厚み的に強度が心配だったが、なんとか大丈夫みたいだ。

FJ310332_20140821194404dc0.jpg
太ももが太くみえるようになってバランスがよくなった。
磨きながらも細かいところを作っていく、。
FJ310308_20140820091912069.jpg
エポキシパテを使ったり、規制のパーツを使ったり。

FJ310309_20140820091913787.jpg
着せてみた。
あとで太もものカバーも作るよ。

FJ310310_201408200919152cf.jpg
プラ版なども使ってモールドを。

FJ310311_201408200919165fb.jpg
タイヤの溝を整える。

FJ310326_20140820091918b4e.jpg
タイヤは前輪と後輪で溝を別のものにしたいんだ。
片方は手彫りでいくことにした。
うまくいくか心配だけど・・・・・・・・

それと最近、インターネットがつまらない。
10年まえって、もっと個人サイトが活発で面白いことやってなかったっけ??

今は企業とかばっかりになってるけど。

うちのブログもつまらなくなってるのかな・・・・?
もうちょっとすこしづつでもプラモデルの製作記事載せるようにしようかなと思う。
いまはひたすらに磨き。
FJ310306_20140817151657e7e.jpg

やってるほうも見てるほうも面白くないであろう、表面処理作業。

ひたすらサフェと磨きの繰り返し。
細かいとこ作ってる。
細かいモールとを作っていく。

FJ310299.jpg

FJ310300_2014081120264740e.jpg

FJ310301_2014081120264911c.jpg

FJ310302_20140811202650d6e.jpg
またきせてみた。胸にラインが入っている。

FJ310303.jpg
腕に装着する武器のモールド。

FJ310305_2014081120290607f.jpg
すこしづつだがそれっぽくなってきてる。

エルガイム
さっきみたらバッシュのガレキがでていたよ。
リクエストもらってるエルガイム祭りもなんとかしなくてはとはおもっているのだが・・・・
忍耐で作業!
FJ310276_2014081015565118d.jpg
スティックタイプの腕の武器

FJ310278_20140810155653498.jpg
装着できるように加工。

FJ310279_20140810155654a0f.jpg
細かいパーツを取り付け作業。

FJ310280_20140810155655a91.jpg
足首は伸びてつま先が前にせり出す構造に実際の変形もなってるので
同じようにつくる。

FJ310282_20140810155657086.jpg
やはりここは金属で製作しないとだめだね。
安定感の問題だけでなくて可動させたたときの粘りのある感触が
高級感をかんじさせてくれる。

FJ310284_20140810155750d37.jpg
だいたい1センチくらい幅が増える。

FJ310286_20140810155751597.jpg
膝下のライディングスーツ状態。

FJ310287_20140810155753ecb.jpg
ライドアーマー状態。

FJ310288_20140810155754e63.jpg
関節自体が下にスライドする構造になっている、
やはりここも金属で関節を製作。

硬いから加工がたいへんだ。

FJ310289.jpg
変形後と変形前ではこんなにボリュームが違う。

FJ310290_20140810155831d2a.jpg
やむ終えなくバイクのボリュームを小さくした設定でアーマーを着せたが
それでも人間よりもとてつもなく大きいことがわかる。

ほんとうにパワードスーツというか、単なる鎧ではないね。

FJ310294_20140810155832e38.jpg
アーマーを外した状態。

FJ310295_2014081015583426f.jpg
ここのわき腹のパーツの取り付けは本当にどうするか悩んだ。
ワンタッチ式をあきらめて、ちょっと取り付けがめんどくさい感じになってしまったが
それでも出来るだけシンプルにしたつもり。

モスピーダ
オクみたけどインビットのおもちゃが高い。

アメリカのOさんからタダでいただいたんで、もってるからべつにいいけど。
1/6ライドアーマーの先は長い。
FJ310269_20140809015522775.jpg
表面処理をしつつ、パーツの固定位置をきめていく。

FJ310270_20140809015524913.jpg
バイザー?を開閉したところ。
パーツはあとで透明化する。

FJ310271_20140809015525195.jpg
パーツをとりつけつつも本体に装着するための細工もしていく。

FJ310272_2014080901552776f.jpg
やっぱりしっかりと装着できるようにしないとね・・・。

FJ310273.jpg
アーマーは脱着式なのでライディングスーツ時の携帯にもなるようにする。

FJ310274_2014080901561660d.jpg
なので当然膝下は可変ギミックが必要になるわけだ。

かなり久々に模型をいじってるせいか、頭痛がおこりやすくなっている。
体調のせいかもしれない。
1/144MSV祭り最終回
5_201408021908072cb.jpg
HP更新しました。

ながいことブログも更新しなくて申し訳ない・・・・・

みんなが拍手おしてくれるんで、時間とれたらすぐに更新しなくてはとおもい、
HPに新作アップしましたお~。

引き続き応援よろしく。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。