ブログでノスタルジア!
80年代模型が中心です。なるべく一日にちょっとでも作業するようにして更新していこうとおもいます。それでも更新できないときはごめんよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
だいぶまとまった。 (メガサイズザク)
DSCN0232.jpg
ランドセルにタンクをつけたらバズーカが腰後ろに装備できなくなった。
なのでバズーカをつける台をずらして付け直す。
完全パーツごと取り外し可能。

キットは左右のバランスを大きく欠いた取り付け位置になっていたので、
設定は無視して左右の付け位置のバランスも大きく変える。

DSCN0237.jpg
ね、このほうがいいでしょ?

DSCN0238.jpg
昨日は汚しで悩みまくったが、今日はいろいろ吹っ切れて、AFV的な装飾をたしていった。
塗装もだいぶまとまった。

ま、画像をみてくれ。

DSCN0239.jpg

DSCN0245.jpg

DSCN0249.jpg

DSCN0253.jpg

DSCN0259.jpg

DSCN0266.jpg

DSCN0271.jpg

DSCN0276.jpg
結構愛着わいてきたわ。

今のままの人生で本当にいいですか?
スポンサーサイト
さらに細かく
DSCN0207.jpg
筆ダメージのわざとらしさを消すために、さらにドライブラシをくわえてみた。
画像の左のほうの肩口にだけドライブラシをおこなってみが、
このほうがだいぶなじむ感じだ。

DSCN0213.jpg
全身にドライブラシを。

DSCN0224.jpg
デカールをはる。

DSCN0226.jpg
モノアイも反射でひかるように。

DSCN0229.jpg
これからデカールにもダメージ表現を加えないとね。
塗装むずかしい
DSCN0142.jpg
ザクのランドセル、こんな感じに・・・・

DSCN0190.jpg
ホワイトオーガも塗装、塗ってはみたが・・・・・

DSCN0193.jpg
むずかしい・・・これでいいのか??

DSCN0183.jpg
タッチの入れ方がまだたりんのかな・・・・
どアップには耐えられない感じ。
ホワイトオーガと学研レギオス
DSCN0105.jpg
背中のパーツがまだできてないのだが、とりあえず塗り始めてしまった。
「重力戦線」のDVDを何回も再生リピートさせながら塗っていた。

黒からの立ち上げ塗装なのだが、途中経過の画像を撮るのを忘れるくらい熱中して塗ってしまったよ。

DSCN0114.jpg
で、学研レギオス。
こちらはアメリカからの依頼なのだが、依頼者の方が出張で日本に来るときに
納品するのでそのタイミングははずせない。

少しづつでもすすめておかないと・・・・・

夜中の12時からはじめてしまったよ。

DSCN0115.jpg
まず直そうとおもったのが、肩に上下のスライドギミックを仕込むということ。
人型のときは上へ、ファイターの時は奥へスライドするように。

しかし、いろりお考えてなやんだが、強度の問題もあり、このギミック製作は断念することに・・・・

DSCN0119.jpg
とりあえず股関節のギミックを改修。
ここは絶対にはずせない!

二重関節で関節位置が下に移動するようにして脚を長くみせるのだ。

DSCN0120.jpg
元のものはかかとが異常に長かったので短くつめる。
これに連動してギミックもすこし手をくわえる。

DSCN0124.jpg
これでもだいぶ足が長く見えるようになった。
でもやっぱり肩がおちすぎている・・・・・・
個人的にどうしても納得がいかない!!

DSCN0126.jpg
失敗して大改修になる覚悟でギミック修正にいどむ!!

DSCN0127.jpg
子供玩具特有の壊れない関節の強度は殺したくない!!

DSCN0141.jpg
ファイター時に奥へ移動するギミックはあきらめて、人型の時にだけ肩が上にずれるギミックを作成。
関節の強度も損なわずに何とか改修できた。

うまくいってなかったら関節全作り直しになってた危険をはらんだ捨て身の改修だった・・・・
大事にならずによかったよ。

学研の元のスタイルを知ってるひとなら、どれくらいカッコよくなったか判るよね?




イデオン98パーセント完成。
DSCN0050.jpg
せっかく何度も塗りなおした窓部分だったが、携帯に張るシールをはることにした。
家にあったものはノリの劣化が酷く、新しいものを買ってきたのだが、これも
店でも保管時間が長いせいか劣化してつかえない・・・・

でも、これも色が角度によって極端に違いすぎかなと思い、
別のメタリックシールを貼ることに。

DSCN0051.jpg

DSCN0055.jpg

DSCN0059.jpg

張ってみた。

DSCN0060.jpg
塗装中の波動ガン。

DSCN0061.jpg
汚れ感をだすためにツヤ消しを吹いて真ん中を磨くというふうにしてみたが・・・・

DSCN0062.jpg
これはこれでメリハリが面白いのだが、ちょっとでしゃばりすぎ・・・

DSCN0064.jpg
波動ガンの付属チューブは硬くて使えないのでスプリングを使用。

DSCN0069.jpg
赤く塗ってみた。
鉄だからこすればはげる。

DSCN0074.jpg
せっかくなのでアディゴと記念撮影。

DSCN0076.jpg
グラージに似てる!!

DSCN0079.jpg
ダイナミックなプロポーションだ!
波動ガンを持たせるとかっこいい!!

当時ガンダムと比べると極端にキットが売れなかったのが悔やまれるが、
イデオンのメカはガンダムに勝るとも劣らないと思う。

リアルメカが人気だったのはわかるが、このデザインが時代のブームに合っていなかっただけで
デザイン自体はとてもすばらしいと思う。
もちろん重機動メカを含めてだ。


DSCN0081.jpg

DSCN0087.jpg
なんか宇宙戦艦を銃にしていた「宇宙刑事シャイダー」を思い出した。

DSCN0088.jpg
アディゴだよー!!

DSCN0095.jpg
結局、窓の部分は2段階のスモークをかけた。

DSCN0101.jpg
波動ガン、イデオン、ともに完成!
でもまだちょっと手を入れる可能性もある。

DSCN0102.jpg
きょっと近況を報告。
ここのところ仕事がいそがしくて、自分の使える時間はかなり代行製作に割いているのだが、
それでも、もう歳のせいか、昔みたいには作業できなくなっている。

本日もだいたい6時間で頭痛がはじまってしまったが、今日は特別に普段から飲まないようにしている
頭痛薬をのんだ。(ノーシン)

慣れで利かなくなるのを恐れてのまないようにしているのだけれど、
やっぱり飲むと利くね~。

その後3時間くらいまた作業できた。

頭痛予防にはエスカップだけど、これは一日になるべく一本にしている。

脳のエネルギー補給は今までは三ツ矢サイダーを使っていたが、
一日2リットルくらい飲むので、何日か前から、水にグラニュー糖を溶かしたものを
大量に飲むようになった。
このほうがずっと安上がりだ。

甘いお菓子でもいいのだが、吸収が遅いのと、あと糖分以外の栄養も沢山取り入れてしまうので
やっぱり甘い飲み物が一番いい。

でも、やっぱりそれでも若いときと同じようには作業できないね・・・・・。

これでも俺は若いとき甘いもの大嫌いだったのよ。
これでも結構頑張った。
DSCN0032.jpg
ザクのスカートのすそにビスを打った。

DSCN0034.jpg
肩のアーマーもビスを打つ。

DSCN0036.jpg
ここの部分が太い感じがするので薄くする。

DSCN0038.jpg
こうなった。

DSCN0039.jpg
アディゴ、表面処理。

DSCN0041.jpg

DSCN0042.jpg
ザクの開き手も作りこんでいく。

DSCN0044.jpg
アディゴ塗装。

DSCN0049.jpg
さらに細かい塗装をした。
アディゴ
DSCN0013.jpg
イデオンと同時進行でアディゴを作らなければならない。
なぜかというとイデオンとアディゴを並べて取らないと気がすまないからだ。
よってアディゴをつくらねばならない。

DSCN0016.jpg
2体セットのキットだが、一方は股関節をボールジョイントに。

DSCN0017.jpg
そしてもう一方は本来選択式のものを差し替え式にして両体系が取れるように修正。

DSCN0019.jpg
手首は指の形が複雑でつくるのめんどい。

DSCN0020.jpg
もっとモールドを追加した。

DSCN0023.jpg
指の隙間の彫刻がめんどくさい。

DSCN0024.jpg
かなりSFメカっぽい感じを取り入れていく。

DSCN0031.jpg
どこまでやるかだね。
やり過ぎないようにと・・・
イデオン、終わりが近づく
DSCN0001.jpg
Cメカのパーツも完成。

DSCN0003.jpg
とりあえずは基本的にはできた。
もう一つ一箇所処理を加えようかどうしようか考えてるところ。

DSCN0004.jpg
波動ガンも何色も塗ったがこんな感じでいいのかな・・・・・
SFっぽく。

DSCN0005.jpg
Aメカの羽も何とか塗って完成。

DSCN0007.jpg
Cメカのトラッカーのライトはクリヤーパーツで。

DSCN0008.jpg
墨入れはやるよな、とーぜん。

DSCN0012.jpg
本体は細かい修正をあとちょっとやろうかと。
あとは波動ガンの仕上げ塗装だな。
あと少し!あと少しっ!(1/600イデオン)
DSCN9985.jpg
Aメカの羽をなくしてしまったので、再度プラ板をはり合わせて削りだす。

DSCN9986.jpg
出来るだけ設定画に近い大きさで

DSCN9987.jpg
後ろから

DSCN9988.jpg
コクピットまわりを製作。

DSCN9992.jpg
何度も塗りなおして、なんとか落ち着いたと思ったが、こうしてみるとまだまだな印象が・・・・(泣)

DSCN9994.jpg
赤に関してはもう落ち着いた。
ここにいたるまでどれほど永い道のりだったことか・・・・・




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。