ブログでノスタルジア!
80年代模型が中心です。なるべく一日にちょっとでも作業するようにして更新していこうとおもいます。それでも更新できないときはごめんよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こまかい処理 (1/600イデオン)
DSCN9528.jpg
関節の位置を微調整。
伸ばした状態で足の長さが1ミリ以上違う。
細かい誤差がかさなって出来たもののようだ。

一度接着した部分を剥がしてつじつまあわせ。

DSCN9529.jpg
ギミックのための細かい調整は結構あってこういうのはめんどくさい。

DSCN9530.jpg
ポーズをとったときに関節の隙間が自然になるように少し関節部分の直角を崩してやる。

DSCN9531.jpg
外側のほうが3ミリも長いのだ。

DSCN9533.jpg
ザクのモールドはうめてもうめても終わりませんな・・・・
股関節の部分は太ももが太くなった分おもいきり削り落としてポリパテで埋めている。

DSCN9534.jpg
今日はあまり作業できなかった。

DSCN9535.jpg
ところで、やまとの48分の1バルキリーを買った。
スーパーパーツつき。

スタイルの良さは長谷川の同サイズキット並みだ。
これでバトロイドのスタイルもなかなかなのだ。

1111.jpg
以前手を加えたやまとのロイ機。
ファイターのスタイルを重視したとはいえなかなかのスタイルだとおもう。

2222.jpg
ただ胸のボリュームがありすぎる。
すごく分厚い印象なので、今回の輝機は胴体部分は変形ギミックを新造して薄くしてやれば
かなりかっこよくなるようにおもえるのだが・・・・

大変そうだが是非挑戦したい。
いつになるかわからんが。
スポンサーサイト
つま先のギミック (1/600イデオン)
DSCN9505.jpg
つま先のギミックを製作するため、とりあえず足首を切り離す。

DSCN9507.jpg
あ、とりあえず可動拡大のために膝関節もマジックのラインでカット。
左側は可動が広がっている。

DSCN9508.jpg
差し替え式のバー二アは内蔵式に修正した。

DSCN9509.jpg
つま先のカミソリギミックはどうしようかと結構悩んだがボールジョイント式に決定。

DSCN9510.jpg
こんなバランスになった。

DSCN9511.jpg
カミソリが足に食い込むように修正。
ギミックのおかげだ。

DSCN9512.jpg
足首の曲げに対しても連動して動かすことが可能だ。

DSCN9513.jpg
とりあえず二重関節を仕込んでみるが・・・・

DSCN9514.jpg
思考錯誤・・・・

DSCN9515.jpg
スライドギミックも加えてこんな感じかな。

DSCN9516.jpg
通常状態。

DSCN9518.jpg
二重関節のおかげてつま先を上に上げることができるようになった。

DSCN9520.jpg
キットのままだとトラッカーに変形時ここまでだが・・・・

DSCN9523.jpg
改造後はここまでいく。
画像だとわかりづらいが、つま先が下にさがりつつ奥に引っ込んでいる。

DSCN9524.jpg
DSCN9525.jpg
わずかな効果かもしれないが、いちおうつま先がスライドする。
変形時すこし効果的。

DSCN9527.jpg
足首のギミックを製作しないとね・・・・

しかし今日は朝3時からはじめてここまでで5時間かかって朝8時。

ザクの作業ができなかったな・・・

試行錯誤でいろいろ作り直している部分のロスもあるので仕方ないのだけれど
やはり時間がかかりすぎている。
こんなスピードでは部屋の積プラを製作するのは一生かかってになってしまいそうだ。

今の倍くらいのスピードがほしいものだ。

思考力と作業スピードをもっと鍛えなければ・・・・・

目指すは超人到達への道!!




アオシマ、やっぱりイイね! (1/600イデオン)(メガサイズザク)
ちょっと最近いそがしめなのだが、無理に時間割いてすすめている。

CIMG0406.jpg
マジックのラインでカットしてみよう。

CIMG0407.jpg
こんな感じになったが。

CIMG0408.jpg
キットのままだとスライドギミックに安定感がない。
なので自作だ。

CIMG0409.jpg
工夫してストロークもかせいで、くいこむようにしたのだが、股間の出っ張り部分のせいで
真ん中に隙間があいてしまうな・・・・・

CIMG0410.jpg

CIMG0412.jpg
スライドを奥までおしこまなければこのような感じになるが、どちらがよいのかな???

CIMG0413.jpg
本体の赤と波動ガンの青のコントラストが美しい!

CIMG0417.jpg
パッケージイラストもこんな感じだったな。

CIMG0418.jpg
ちょっと上めから。

CIMG0420.jpg
ちくしょーっ、アオシマ!やっぱり最高だぜ!!

CIMG0422.jpg
でかいザク、足首の出っ張りを可動式に。
左が修正後。

ここを動くようにしてほしいとの依頼があったので。

CIMG0424.jpg
こ、こいつ、うごくぜ!

CIMG0425.jpg
ちょっとした可動でずいぶんとポーズが自然に見えるようになった。

CIMG0428.jpg
スタイルよくなったね、しかし。あくまで主観だが。

CIMG0429.jpg
おしゃれな筋彫りはなるべく埋めてダザイ筋彫りを入れる予定だ。

CIMG0430.jpg
こういうのも埋めだ!!

CIMG0431.jpg
肩のアーマーは派手にパテもりしたからととのえるのがたいへんだ。

CIMG0435.jpg
可動重視のキットではないが、こんなポーズがとれるのは嬉しいね!

ないものはない!お買い物なら楽天市場

イデオン進める。 (1/600イデオン)
CIMG0396.jpg
キットは首が殆どなかったので自作してボールジョイント化。

CIMG0397.jpg
Aメカファイター時は肘関節を180度回転してひっくり返す。
そうすると大きく開いた肘関節の隙間がめだたなくなるという仕組みだ。

CIMG0400.jpg
股関節はスペースがなくてギミックをどう仕込むか悩まされた。

CIMG0401.jpg
悩みに悩んで結局このようなかたちになった。

CIMG0403.jpg
十分に良く動く。

CIMG0404.jpg
くーっ、このポーズ!
波動ガン持たせたいね!!

今のままの人生で本当にいいですか?
スーパーカリスマモードへ (1/600イデオン)
CIMG0336.jpg
製作中のイデオン。
本当にギミックに行き詰ってしまっていた。
金属のボールジョイントが破損などして、もっと頑丈なものにとりかえたりと、
たいした作業の進展がない時期がだいぶつづいてしまった。

CIMG0337.jpg
腕をクロスさせたときの箱を割ったような肘関節のかっこ悪さをなんとかするべく、
関節をしこむためにキャタピラを差し替えにすることを思いつく。

CIMG0338.jpg
だがそれ以上のアイデアはどうしても出てこない。
しかたないからまた一からつくりなおそうと、もう1セットキットを持ってくる。

CIMG0340.jpg
新しいキットをつかい、肘関節を新造しようとするがどうしてもアイデアがでてこない。

もう無理だ、もうこのキットは俺にとっては限界だろうと感じ始めた。

己の力の限界を知り、どん底に落ち込み、深い怒りと悲しみを知った。

そしてその「怒り」と「悲しみ」が頂点に達したとき、何かが俺を別の何かに変えたのだ。

CIMG0341_20110318222827.jpg
突然おれの心はわきいずる清水のごとく一編の曇りもきえさり、
依頼者に送っていただいた資料のイデオンDVDのイデオンが発動するシーンがよぎると同時に
瞬間的に肩の上の部分をカットしてしまった。
このシーンが劇中で可動していたのが頭によぎったからだ。

この段階では悩むより、後先を全く考えずにらだひたすらに心の赴くままに手を動かしていた。

CIMG0343.jpg
そして瞬時に俺はギミックを製作していた。
この時点でおれは怒りと悲しみが引き金になり、
スーパーカリスマモードに入っていることに気が付いた。
おれはスーパーカリスマモデラーとなったのだ。

CIMG0345.jpg
先ほどのギミックでは肩関節の位置が全く合わなかったので、さらに改良して、位置を調整する。

CIMG0350.jpg
とりあえず肩関節に関しては何とかなった。

CIMG0353.jpg
悩んでいた取りはずしのギミックもネジ式にして取り外すことが出来るようになった。

CIMG0354.jpg
関節の収納も結構ぎりぎりだ。

CIMG0358.jpg
肘関節も新たに製作。
肘の箱を二つに割ったような印象をなくすために関節を斜めにカット。
とにかく腕をクロスさせたときにかっこよく決まる感じにしたいのだ。
しかし、この関節の引き出しギミックをどうするかだ・・・・・

CIMG0361.jpg
苦労してギミックを製作。
腕をのばした状態がこれだが、一応劇中の関節のイメージを考慮して
このような形になったのだ。

CIMG0363.jpg
関節は変形を考慮して引き出し式にしてある。
なのでアニメみたいにこんな感じの自然な曲がり具合が表現できる。

CIMG0364.jpg
CIMG0365.jpg
腕の引き出しギミックを組み込んだが、もう内部スペースは本当にぎりぎりだ。

CIMG0366.jpg
腕をクロスしたときの関節の印象も前よりもかなりだいぶマシになったとおもう。

CIMG0367.jpg
もちろん、細かい微調整などもかなりしている。

CIMG0368.jpg
肘関節のために肩関節が干渉してしまう。
もうすこし金属関節を削りこんで小さくしなくては。

CIMG0370.jpg
劇中では肩の部分がこんなふうに曲がっていたよね。

CIMG0374.jpg
腕クロス。

CIMG0379.jpg
もっと腕の密着間感がほしいが、これが限界だろう。

CIMG0382.jpg
イデオンにこんなギミック仕込んでんの俺くらいしかいねえんじゃね?

CIMG0385.jpg
依頼者が送ってくれたプロポーションタイプの箱画をかなり参考にしてる。
しかし、無理のあるポーズだよこれは!!

CIMG0390.jpg
イデオンがなんとかなったからこそ、ザクも進めることができる。


ないものはない!お買い物なら楽天市場

イデプラじゃよ。
DSCN9502.jpg
交通の乱れで仕事がめちゃくちゃ遅れ、プラモがすすまず。

しかし、出先でふらっと入った中古屋でイデプラ発見!
でも前にまとめて売ったばかりだから、また買うのもねぇ・・・

しかし、値段も何とかお手ごろだと確認した瞬間、
次に気がついたときはレジで金払う瞬間だった・・・

もう、バカかと・・・・アホかと・・・・

たぶん意識が無くなって記憶が飛ぶのは、
「もうプラモはちゃんと選んでむやみに買わない!」
と決めてる自分を押しのけて別の人格が瞬間的に自分を支配しているからなのかもしれない。

俺の中にはプラモを買わない自分とは別に心のままに自由気ままに買い物してしまう
もう一人の自分が住んでいるのかもしれない。
仕込むギミックに悩む。(アオシマ1/600イデオン)
DSCN9491.jpg
作業再開なのだがいろいろ考えてしまってばかりで手がとまってしまう。
よく考えたら分離のギミックがなかった。
金属パーツを使うなら土台から外れるギミックを作らなくちゃダメだ・・・

DSCN9492.jpg
股関節もBメカが入ることを考えると、自由度の高いギミックを仕込むとなると
スペースがかなり少ない。

DSCN9493.jpg
理想だとこのくらい曲がるようにしたいのだが・・・

DSCN9495.jpg
関節をどうするか画にかいてみたりして、考えてばかりで作業ができなかった。

DSCN9500.jpg
イデオンが優先なのでザクも作業できなかったが、こないだは載せなかった
正面の画像をのせておこう。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。