ブログでノスタルジア!
80年代模型が中心です。なるべく一日にちょっとでも作業するようにして更新していこうとおもいます。それでも更新できないときはごめんよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あとらんじゃーとそうかいしじゃー! (1/48 ドラムロ ビランビー)
CIMG9897.jpg
ずっと放置プレイだったドラムロ。
オーラバトラーつながりでひっぱりだした。

CIMG9887.jpg
見栄えがいいように羽の位置を変更。

CIMG9893_20101030212513.jpg
ラインを整えた。

CIMG9888.jpg
かっこよくなってきてるはず・・・・・

CIMG9907.jpg
のばしランナーをはった。

CIMG9922.jpg
やっとおもい腰をあげて塗装開始。
これに踏み切るのに時間かかった・・・
ちんたら他のキットいじってリラックスしてたのもこのためだ。
気合をいれて塗らなければ!!

プラモデルの買取
スポンサーサイト
ちょっと息抜き
CIMG9882_20101028093719.jpg
ザクを製作。

CIMG9878_20101028093800.jpg
ビランビーもすすめた。

CIMG9879_20101028093842.jpg
関節が壊れたので一回バラして作り直した。

CIMG9880_20101028093931.jpg
棘のさきが太くて丸い感じだったのでシャープに。

CIMG9881_20101028094105.jpg
つま先は鳥足っぽく。

1/48ブッシュマン
CIMG0648.jpg
構造的にいけそうだったので、やっぱり肘に関節をたすことにした。
曲がるだけでなく軸回転も。

CIMG0650.jpg
二重関節でさらに曲げることも可能になったけど、正面に曲げるためのスリットを持ってこなくても自然な感じにあるていど曲げることができるので飾っておくのにはちょうど良い感じだ。
少しづつ自分のものもすすめよう。
CIMG0622.jpg
やまとのターボカスタム、ビスをうったりとか。

CIMG0623_20101025093157.jpg
パーツを一つ一つヒケや継ぎ目処理。
これは結構疲れる作業。

CIMG0626.jpg
ブッシュマンの肩関節を修正し、本体にはボールジョイントを仕込む。
キットは怒り肩なので修正。

CIMG0631.jpg
前回作ったブッシュマンよりもだいぶカッコよくなってきた!

CIMG0633.jpg
関節の自由度は高い。
しかし肘関節だけはいじらないほうがいいかなと考えている。
できることなら曲がるための切れ込みをなくしたいが、これは可動のこと考えると無理。

CIMG0637.jpg
さて、すこしづづ自分のものもつくりたいなと思ってはじめたビランビー。
ずっと放置状態だった。

来年のWFで宅の隅で何体かを売るか展示したいとおもう。
以前はよく古いキットを作って飾っておくと足を止めてみてくれる人がおおかったけど
最近は手元にキットが全然なくって、置くものがなかったから・・・・・




ビスとか
CIMG0611.jpg
CIMG0616.jpg
CIMG0613.jpg
こんな作業でもけっこう時間かかっちゃったよ・・・。



再販されるみたい。(画像をクリック)
俺も作りかけが2体・・・・・

最近はかなり模型に時間を割いている。(1/48ブッシュマン)
CIMG0571.jpg
ただひたすらに磨いた。

CIMG0580.jpg
細かいパーツも加工して付けた。
依頼者が書いてきたイメージイラストそっくりの雰囲気になってきた!!

CIMG0585.jpg
ブッシュマンの上半身の幅詰めだ。

CIMG0586.jpg
胴体にはボールジョイントを

CIMG0589.jpg
こんなバランスになった。頭ちいさいな・・・・

CIMG0593.jpg
首の可動はボールジョイントの二重関節だ!!

CIMG0594.jpg
首の定位置。

CIMG0595.jpg
こんなに動く。というか画像よりもさらに不自然なくらい動くよ。

CIMG0596.jpg
頭が小さいの耳の部分をボリュームアップだ。

CIMG0598.jpg
足首にも二重のボールジョイントを

CIMG0600.jpg
OKっ!!

しかし、過去に製作したブッシュマンはサクっと仕上げたが、今回は大掛かりなものになてしまった。
正直このキットはどうやたらカッコよくできるか結構悩むんだよな・・・・・

今のままの人生で本当にいいですか?
一気にすすめる。 (アトランジャー 1/48ブッシュマン)
CIMG0550.jpg
さらに傷を磨いていく。

CIMG0551.jpg
手首も苦労してポリパテからけずりだした甲斐があった。
このモデルの見せ場のポイントになっている。

CIMG0553.jpg
こわっ!

CIMG0555.jpg
黒を塗ってみるとまだまだ傷だらけ。
は~っ・・・

CIMG0556.jpg
とりあえず自分にはめずらしくサフェサーを塗る。

CIMG0557.jpg
やまとのターボカスタムもすすめる。
玩具の合わせ目を消す。

CIMG0558.jpg
ビスのモールドをたす。
出っ張りはまだ調整前。

CIMG0559.jpg
1/48ブッシュマンもすすめなくてはいかんの~ぅ
どうしたもんかのう・・・・

関節を修正だ。

CIMG0560.jpg
関節は上に引き出して曲げるという方式を採用。
さらに膝後ろにスリットを切ればさらに曲がるが、腰と足首がまがらなければ
ここだけ曲がっても意味が無いのでやめておく。

CIMG0562.jpg
足をのばした状態。

CIMG0563.jpg
股関節はボールジョイントに。

CIMG0565.jpg
キットではほとんど曲がらなかった可動範囲もこのとおり。

CIMG0567.jpg
腰はやむおえず横に開くように可動式の板にした。
これをやるかやらないかで可動範囲が大きく違う。

CIMG0569.jpg
腕m、上半身、各関節をなんとかしなければ・・・・




アトランジャーのシルエットはほぼ決まり
CIMG0542.jpg
ポリパテからの手首削り出しなのだが、すこし時間をおいたらポリパテが硬ぇ、硬ぇ。
削るのがたいへんでエネルギーを使う。

CIMG0543.jpg
表面処理をする。

CIMG0544.jpg
ヒケや傷もだいぶ埋まってきたがまだまだ表面処理はつづく。




WAVEからディフェンダーが発売される。
下半身のパーツの問題も絡んでの選択は当然だが、ディフェンダーって案外人気がない。
どうせならファランクスをだしたほうがいい。
ブッシュマンも開始 (アトランジャー)
CIMG0098.jpg
ポリパテを必死に削っていく。

CIMG0099.jpg
肩口に連結用関節を。

CIMG0100.jpg
肩幅が広くなってしまったかな・・・・

CIMG0101_20101009131451.jpg
頭がバラバラだ。

CIMG0102.jpg
頭を小さくすることに成功。スッキリした。

CIMG0104_20101009131626.jpg
肩幅が広くなりすぎたため修正を加える。

CIMG0105.jpg
表面処理

CIMG0108_20101009131755.jpg
手首はポリパテ削りだし。
やまとスコープドッグがサイズぴったりだったのだが、アトランジャーのレトロ感をいかすたねには半玩具的な造型にしなくてはならないと思い自作することに。

CIMG0109.jpg
うお、カッコイイ!

CIMG0113.jpg
ターボカスタムの傷入れ完了!

CIMG0115.jpg
ブッシュマンも開始。代行製作だらけだな・・・・・
脚関節は思い切り後ろにまげてここまで。
関節はもちろん可動範囲を広げる。

CIMG0117.jpg
スタイルは小型でコンパクトなイメージに修正していく感じになるだろう。


ガンプラの激安販売:ベルモ

アトランジャーに続きターボカスタムも開始
CIMG0086.jpg
パテを削って形を整えた。

CIMG0087.jpg
さらにパテをもる。

CIMG0090.jpg
脚が細いのでプラ板を巻いて太く修正する。

CIMG0091.jpg
胸の飾りも形を修正

CIMG0092.jpg
キットのままだと手が下におりないので肩口にエポキシパテをもって修正する。

CIMG0094.jpg
こんなバランスになった。

CIMG0095.jpg
やまとのターボカスタム。
メスキングテープのラインでカットして可動範囲をひろげる。

CIMG0096.jpg
全体像

CIMG0097_20101008123438.jpg
リュータ-でダメージ表現を入れる。




アオシマ アトランジャー開始
CIMG0075.jpg
代行依頼のアトランジャー、始めます。
画像は仮組み。
これはこれでレトロなバランスでいいのだが、自分的に気になったのは

■胴体が短くて胸が横に広い
■顔がちょっと大きい
■足が細い
■手首に彫刻がない
■肩の関節がおりない

ここらへんでしょうか。

CIMG0076.jpg
カットするライン。
横は詰めて縦は伸ばす

CIMG0077.jpg
こんなバランスになる。

CIMG0078.jpg
パテもりをする。

CIMG0083.jpg
顔にかんしてはせり出した顎とほっぺたを引っ込める感じですっきりと小さく見せようと思う。

CIMG0084.jpg
羽は突起物を切り取った。パテもりをして修正をする。


日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

ほぼ完成! イマイ可変レギオス
CIMG0055_20101006065726.jpg
細かいとそうをして、クリヤーパーツをつけて汚しをして大体完成。

CIMG0059.jpg
その後、肩のミサイルハッチが割れた。2回目だった。
なので構造が弱いと判断、ギミック自体を作り変えることにした。
すこし上にせり出すギミックを加える。

CIMG0058_20101006070024.jpg
パカっと開く。

CIMG0060.jpg
以前は蓋はここまで下に開かなかったが、新たに加えたギミックのおかげでここまで開くようになった。

CIMG0057.jpg

CIMG0061.jpg
あとは2日ほどほおっておいて、新たに見たときにアラを発見して手直しをするといった感じか・・・。
ここまでくるのに長いみちのりだったね。

つくったものには本来まったく執着心などないはずなのだが、このレギオスに関しては手元においておきたいとおもったね。マジで。

ないものはない!お買い物なら楽天市場

イマイ可変レギオス 完成にまた一歩
CIMG0002.jpg

CIMG0004.jpg

今まで画像にはうつっていなかったが膝下からで後ろの部分は色を塗り間違っていた。
白ではなく赤だったんだね。なので修正。

あと変形ギミックにさらに改良をくわえた。

で、デカールを張って乾くまで放置だ。




デカールをはりはじめたが・・・
CIMG9994.jpg

CIMG9997.jpg

CIMG9998_20101003131958.jpg
デカールをはりはじめました。
しかしまだ変形ギミックがスムーズでなかったり、これまでで塗り間違いがあったりと修正箇所は沢山です。



でるのか・・・・
さらに細かい仕上げと塗装に・・・
CIMG9987.jpg
赤一色を自然な重さに表現するために何層もの塗装をしたことか・・・・
次は細かい塗装仕上げにはいる。
それからデカールをはったりウェザリングをかけたりとまだまだやることはあるのだが。
こまかい問題。
CIMG9980.jpg
変形時の接触で塗装がはげてしまう問題に対処するために接触箇所をやむなく削り取る。

CIMG9984.jpg
単純に一色にみえてしまうかもしれないけれど、一色のなかに深みをだすのが手間がかかる。
なんとなく落ち着いきて先が少し見えてきた感じだがまだ少しかかりそう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。