ブログでノスタルジア!
80年代模型が中心です。なるべく一日にちょっとでも作業するようにして更新していこうとおもいます。それでも更新できないときはごめんよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
予想外に難航中・・・・
CIMG9970.jpg
CIMG9971.jpg
CIMG9972.jpg
CIMG9977.jpg
レギオスは配色などミリタリー感覚が少ないメカなので塗装がおもちゃっぽくならないようにするのが凄く難しいいんだよな・・・・・
スポンサーサイト
レギオスの塗装
CIMG9967_20100927133953.jpg
深みをだすために何層にも塗装を加えていくわけだが・・・・

CIMG9968.jpg
いやいや、まだここから何層も・・・

CIMG9969.jpg
対比用のレギオスもちょっとだけ表面処理をすすめた。
レギオス塗装中。
CIMG9959.jpg

CIMG9962.jpg

なかなかうまくいきませんな・・・・
試行錯誤を繰り返す。
可変レギオス表面処理。
CIMG9945_20100921095543.jpg
レギオスの表面を磨く。

CIMG9946_20100921095613.jpg
修正のため位置が変更された細かい筋彫りを入れなおす。
機首の横の子羽ののラインはきっつかった・・・

CIMG9949_20100921095753.jpg
ギミックに左右ずれがあったので修正。
あとファイター形態のギミック固定の安定感が悪い。
小さなひっかかり突起物をつくってやったりする。

CIMG9956.jpg
キットはファイター形態が「捨て」になっている。
それはしかたないとは思うのだが、それよりも持ち上げるとギミックがグニャグニャだ。
肘の関節などはまったく固定されないといっても過言ではない。
変形のために関節を仕込むスペースがほとんど無く、可変を考慮すると修正は結構やっかいなキットだ。

可変バルキリーよりも可変レギオスは安定感が悪い、というか無さ過ぎる。
伸縮や折れ曲がるといった変形のギミックが当時でのプラモデルとしてはちょっと無理がある感じがするね。


日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場


可変レギオス塗装開始。
CIMG9938_20100919185102.jpg
ここんとこ仕事でいじれなかった。
レギオス今月納品なのに遅れ具合やばいなぁ・・・

塗装開始というより、傷みつけるために赤をとりあえず塗ってみたって感じかね。
仕上げはまだまだ続く。
対比用の可変レギオスもさくっと改修やってみるズラか・・・
CIMG9772.jpg

CIMG9773.jpg
ロボット体系で足を長く見せるための伸縮ギミックを追加。
これだけやっとけば人型のときだけはだいぶ見栄えが違う。

CIMG9924_20100914101724.jpg
必死に表面処理をする。

CIMG9925.jpg
左の方はファイターの体系も重視したのでだいぶ細かいところが形が変わってる。
関節もかなり動く。
ロボット形態は素組みにちょっと手を加えるだけでもそれなりにかっこいいんだけどね。

CIMG9927.jpg

CIMG9929.jpg

CIMG9932_20100914102101.jpg
肩のポッド可変ギミックを自作。
なおかつ取り外しも可能。




可変レギオスが・・・
CIMG0097.jpg
可変レギオス・・・作業してはいるのだがなかなか進まない。
細かい修正がおおすぎるのだ。
背面のギミックはかなり設定と近いものになったのだが
ファイターのスタイルを重視して羽を大きくしたため
羽が機首の部分を隠してしまい劇中のイメージとはちょっと違う感じになってしまった。
でも羽が90度折れていてちゃんと収まってるから、よく頑張ったと思う。

CIMG0101.jpg
自作した羽に筋彫りを入れた。

CIMG0103.jpg
対比用として組んだストレートの可変レギオス。
やっぱり羽がちっちゃいからこっちの方が設定には近いイメージだ。

CIMG0104.jpg
ギミックは設定に近くなったのにやはりイメージが・・・・
かといって羽を小さくするわけにはいかないのだ。

正面も撮影したのだが、ぱっと見がそんなに変わってなかったので載せるのやめた。
画像でも分かると思うが、足はかなり膝関節部分で長くなっているんだよね。
あと関節はかなり手を加えてポーズで表情が出せるようにしている。

CIMG0106.jpg
肩の部分なんか長さがだいぶちがってるのが分かる。
とにかく変形のバランスを考えて散々悩んでいろいろな修正を加えまくってるが
人型はぱっと見は足が長くなってるところくらいしか分からないのが悔しかった。

CIMG0107.jpg

CIMG0108.jpg
画像の物は手の部品をつけていないので足の部分が強調されてしまっているが
それでも羽の大きさがかなり小さいのははっきりと分かる。

CIMG9765.jpg
作り始めは人型をカッコよくすることをテーマにしていたが
キット自体がもとからロボット優先でつくられていたので
結局、キットでは捨ての戦闘機のスタイルをどうカッコよくまとめつつ
人型の体系をさらにカッコよくするかという方向性になってしまった。

依頼者の方も、完成品を手に入れたいという気持ちのほかに
「このキットがブログ上でどう変わっていくかを見たい。」
という気持ちがあるとの事だったので
「あっさり終わらせたら期待はずれになってしまう・・・」
という不安からここまでやってしまった。

通常はここまで手を加えることはまず無いんだけど・・・・・・


ないものはない!お買い物なら楽天市場

1/48テキーラガンナー納品完了 そして可変レギオス
CIMG9944.jpg
今日はテキーラガンナーの納品日なのだ。
依頼者の人が遠方からわざわざ取りに来てくれるので、物も最終チェックしていたらハッチが壊れてしまって焦った。

CIMG9945.jpg
真鍮でギミックを作り直した。強度もかなり上がった。
だからまあ、渡してから壊れるより事前に壊れてくれてよかったわけだ。

テキーラは無事納品終了。
依頼者のTさん、ありがとうございました!!

ダグラム関係はまた入れ違いで代行いただきましたよ。
何を頼まれたかは次回ということで。

ダグラム関係をこの依頼者さんが立て続けに頼んでくれたおかげで塗装のスキルがどんどん上がってきてますな。

CIMG9946.jpg
さて、苦しみまくってるレギオスだが、これも9月納品なのだ。
ギミックがまだ完全ではないが表面処理も平行して進めなくては・・・

CIMG9947.jpg
関節の安定度がまだ低い感じなのでさらに手を加える。

CIMG9949.jpg
手首の収納ギミックは小さく作り直す。

CIMG9950_20100910234326.jpg
肩のミサイルハッチはスルーしようと思ってたけどやっぱりやっとかないと後悔しそうなので直す。

CIMG9951.jpg
こんな感じ。

CIMG9954.jpg
ミサイルを入れた状態で蓋しめたら閉まらなくなってたので、さらに手を加えた。

CIMG9960.jpg
胸のハッチを角度つけて撮影しなかったからちょっとイメージが箱っぽくなってしまったが、実際はもっとカッコイイ感じにしあがってきてる。
なぜかレギオスは写真写りが悪いんだよな・・・・・。

稼げるメルマガ!
テキーラがまとまった。 (1/48テキーラガンナー)
CIMG9918_20100909213545.jpg
ミサイルランチャーに重大なミスを発見!

CIMG9920.jpg
前と後ろの区別をまったくせずにパーツをつけていた。
全部修正することに・・・・・
本来ならやらなくていい作業だ。

CIMG9924.jpg

CIMG9926.jpg
なにか物足りないとずっとかんじていたので、上半身にグラデーションをかけてみた。
かなり深みと重量感が増した感じがする。
成功したとおもう。

CIMG9928_20100909214101.jpg

CIMG9930.jpg
全体のバランスはこんな感じ。

CIMG9931_20100909214252.jpg

CIMG9932.jpg
もうアニメモデルじゃないな・・・・

CIMG9939.jpg
砂袋が軽い印象だ。
なので後ろの3つに汚しをかけてみた。
このほうがいいね。

CIMG9941.jpg
全部によごしをかけた。

CIMG9938_20100909214658.jpg
これで完成かな。

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。