ブログでノスタルジア!
80年代模型が中心です。なるべく一日にちょっとでも作業するようにして更新していこうとおもいます。それでも更新できないときはごめんよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダグラムのイメージが固まる。(1/48ヤクトダグラム)
CIMG9538.jpg
汚しがきつめだが、こんな感じになった。
あとはクライアントが気にいればこのままさらに細かい汚しを加えていく。

CIMG9490.jpg
ブロンコを塗装。

CIMG9488.jpg
ミサイルも塗装。

CIMG9489.jpg
ミサイルを組み立てた。

ないものはない!お買い物なら楽天市場
スポンサーサイト
機体の傷み&デカール張り
CIMG9518.jpg
腰の隙間が気になると依頼者からの指摘があったのでここは出来るだけうめることにする。
関節の可動軸もそのためにすこし外側にずらした。

CIMG9520.jpg
とりあえず痛み汚しは一通り加えた。

CIMG9522.jpg
デカール張り始めた。

CIMG9526.jpg
張り終わった。これはこれで大河原先生のイラストみたいで面白いが、リアルにするためにこの後デカールを劣化させる。

CIMG9471.jpg
ブロンコのミサイル組み立て。

CIMG9472.jpg
こういうのは意外に処理がめんどくさい。

CIMG9473.jpg
マスキング。



ダメージ表現に入る。
CIMG9494.jpg
ダグラムの塗装、本腰をいれてダメージ表現に入る。
まずはドライブラシ。

CIMG9497.jpg
全身にドライブラシを入れた。

CIMG9499.jpg
次は錆びの表現だ!

CIMG9498.jpg
この錆び表現は一体入れるのに何時間もかかるのだ。
以前、ウォーカーギャリアにこれをやってるときくたくたになった覚えがある。

CIMG9502.jpg
脳のエネルギーの消費が激しく、また頭痛が始まりそうなので、今日はこの辺でやめとこう・・・・


プラモデルの買取
すこしづづだが進める。
CIMG9481.jpg

CIMG9486.jpg
ダグラムの塗装。
はて、これからどうするか・・・
ダメージ表現は多めにするが、あまり汚らしい感じにしたくないから。

CIMG9458.jpg

CIMG9459.jpg
ブロンコⅡにはリベットのモールドをくわえる。

CIMG9460.jpg
そしてまた傷の処理。

CIMG9429.jpg
バルキリーはほんとについでな感じだね。
磨き
CIMG9444.jpg
基本筋彫りは入れた。

CIMG9448.jpg
黒をふいてみたら傷だらけ・・・・
有井の製品は肉厚なためヒケによるラインのゆがみが他の製品よりもすごいから金ヤスリで薄皮一枚はぎとったからそのときの後遺症がなかなか消えないって感じ。

CIMG9449.jpg
サフェサーを吹いた。

CIMG9452.jpg
磨いたけどまだまだだ・・・・

CIMG9455.jpg
いつもよりも多く磨きこんだ感じだ。

CIMG9456.jpg
だいぶ傷が消えたようなきもするが、黒塗ったらまだまだ傷だらけなんだろうな・・・・・
アオシマキット( レッドホークヤマト アトランジャー)
CIMG9314.jpg
レッドホークヤマトとか、納品はまだまだ先なのだが依頼者を心配させないためにすこしづづでも進めていこう。
窓の部分をくりぬいた。
下にも2つの穴があいているがこれは埋める予定。

パッケージイラストではむりやり窓にされていたけれど、無いほうがいいね。

CIMG9316.jpg
空けた窓の部分にあとからガラス(透明プラ板)を仕込むために上の部分をカットして蓋にしておく。

CIMG9318.jpg
引きでながめると複雑に見えるが、実際には戦艦としてはパーツが少なすぎる。
もっと見た目の情報をふやしてやらないとだめだ。

CIMG9320.jpg
すこしより目にするとおもちゃっぽいのがはっきり解るね。

CIMG9322.jpg
ヤマトの先端はパッケージイラストとぜんぜん形がちがうんだ。
形が違うのは直すのだが、バランスとして先端にボリューム感がない感じがする。
もっと大きく前に突き出た感じで勇ましい印象に改修したほうがいいだろう。

CIMG9325.jpg
並べてみた。
この二つをめちゃくちゃリアルに作ってならべたら、ものすごく目を引きそうだ。

CIMG9326.jpg
これは依頼品じゃないから。
俺個人が作ってる放置キットのタイガーシャーク。これも完成させて上の2機と一緒にならべて写真とりたいなぁ。


ないものはない!お買い物なら楽天市場
次の難関はブロンコⅡの筋彫りだ。
CIMG9433.jpg
ブロンコⅡの表面処理をすすめる。

CIMG9434.jpg
表面処理にはまだまだ時間がかかるが、とりあえず色を変えて傷の具合をみるよりも瞬間接着剤で埋めた元のラインが見えるうちに新たに筋彫りを入れるラインを決めておく。画像は鉛筆で筋彫りのラインを描いたもの。

ダグラム、オーガス、ブロンコの3つの中で今一番の難関がこのブロンコの筋彫りがうまくいくかという事なのでこれこの難関をとりあえず優先する。

CIMG9441.jpg
キットの筋彫りはこんなに太い!依頼者からの要望は「実機の戦闘機のイメージがほしい」とのことなのでハセガワバルキリーなど参考にしながら入れなおす。

CIMG9435.jpg
ラインをけがいていく。結構めんどくさいんだなこれが。
曲面はとにかく難しい。

CIMG9437.jpg
実機と比べれば当然太いが、模型の大きさを考えてこれくらいが良い感じ。




バンダイが1/100バルキリーの玩具をだすってさ。
このスケールはなんかいやだなとおもうと同時に、玩具やプラモはスレてしまうと魅力がなくなるのだなと・・・
戦闘機を犠牲にしてアニメのたくましいバトロイド体系を優先してたりしたら「すごい!」とか感じたりするかも。




ダグラムの塗装ひきつづき・・・・
CIMG9426.jpg
塗装中。
古びた感じを出すために少し色のトーンをおとしてある。
まぁ、まだベースの段階ですから。

CIMG9428.jpg
後ろ。

CIMG9417.jpg
バルキリーを黒く・・・。
ダグラム、塗装へ・・・
CIMG9415.jpg
塗装を始めたが・・・・・・

CIMG9416.jpg
あからさまな工作傷を結構発見!パテで埋めて磨いて色塗りなおしだね。

CIMG9413.jpg
前に裏側を黒く塗っていたバルキリー。
衝動的に一気組みしようとしたが、疲れて途中で中断。

バルキリー作るのいったい何個目????
学生のころから考えると軽く100個は超えてるな。
一気に可変オーガスを
ダグラム、ブロンコⅡ、可変オーガスは納期が全部一緒なのだが可変オーガスになかなか手がつかないので、オーガス一本絞りで24時間ぶっ続け作業でがんばってみた。

以下はその記事

1_20100309202548.jpg
まず気になっていたのはコクピットの上のむきだしになった可変ギミック。

2_20100309202630.jpg
コクピットが上にスライドしてギミックを隠すという方法はどうだろう・・・?
いろいろ悩んで結局この方法はやめた。

3_20100309202748.jpg
やはりギミック自体の配置を変更することに・・・

4_20100309202830.jpg
足首の軸位置がずれすぎてろくなポーズがとれなかったので2重関節を採用。

5_20100309202938.jpg
これでもイマイチ・・・・・
関節をもっと下に下げなくては。
ただの薄っぺらな板なのでボールジョイントを仕込む場所がないのだ・・・。

6_20100309203107.jpg
とりあえず鉛筆のラインで脚は幅詰め。

7_20100309203142.jpg
試行錯誤で関節の位置を変更。
こんどはなんとかなりそう。

8_20100309203231.jpg
左がキットのまま。
ぜんぜんポーズに角度がつけられない。
右が修正したもの。めいっぱいでここまでポーズがつけられるようになった。

9.jpg
足の横のパーツも幅つめ。

10.jpg
右が修正したもの。ひざ下がだいぶスマートになった。

11_20100309203534.jpg
ひざ関節の干渉部分をすこしカット。
右がカット前、左がカット後。
こんなに曲がるようになった。

関節のギミックなどももう片方の足にコピー。
両方いっぺんにすすめるより片方確実につくってからコピーしたほうが手間的にはいいとおもう。

12.jpg

13.jpg
可変オーガスの股関節は「これでもか!」というくらいポーズがつけられないのでボールジョイントを仕込む。

14.jpg
脚のポーズはオープニングの「オーガス!」って感じ。

15.jpg
さんざん頭をなやませた腰の可変ギミックもうまくいった。
コクピットと水平位置なって良い感じ。

16.jpg

17.jpg
人型体系を重視するとフライヤーもガウォークもタンクも全部ベストプロポーションになりそうだ!

18.jpg
羽も体に密着するように修正。左が修正後。

19.jpg
個人的にはかなり良い感じになったとおもう。
こんなにカッコよくなるとは自分でもおもっていなかった。
でもまだ修正したいところは数箇所・・・

20.jpg
後ろ

CIMG9395.jpg
今回は正直いってかなり無理をした。
毎日すこしづづ悩みながらすすめていると平行作業のものが遅れてしまうからだ。

基本的にエスカップは一日一本以上はのまないのだが、頭痛をやわらげるために5本も飲んでしまった。
これがあったからな何とか耐えられたのかもしれない。
でなきゃ頭痛で寝込んでいたよ。

21.jpg
変形とプロポーションが両立できるかめちゃくちゃ不安だったオーガス。
だが無理したけど何とか安心できるところまで来れてよかった。

まだ修正するよ。



イマイの可変オーガスもすすめないとね。
CIMG9292.jpg
手首にくっつけるパーツをポリパテで複製だ。

CIMG9293.jpg
ひきつづきダメージ表現。リューターで削ったあとにデザインナイフで処理をしていく。

CIMG9294.jpg
だいたい出来たが、いったんほっといて冷静になってから後でもう一度見直してみる。

CIMG9313.jpg
手首パーツはこんな感じ。

CIMG9296.jpg
ブロンコは表面磨いた。

CIMG9299.jpg
さて、オーガスが遅れすぎなのでなんとかしていこう。
鉛筆でかいたラインの部分を幅詰めして胸パネルを小さくしよう!

CIMG9301.jpg
処理した。だいぶ小さくなったね。厚みも減らした。

CIMG9304.jpg
首が入らなくなってしまった。でも大丈夫、関節を修正すればなんとか。

CIMG9307.jpg
胸パネルを小さくしただけでだいぶイメージが変わった。
これから設定画に近い感じで大改修だぜ!

CIMG9308.jpg
すっぽりかぶさっていた背中のパーツが入らなくなった。

CIMG9309.jpg
この鉛筆のラインでカットして面あわせの感じにする。

CIMG9311.jpg
うほほっアニメのオーガスっぽくなったぜ!

CIMG9312.jpg
この変形ギミックのむき出し・・・これないわ、ありえん、何とかするぜ!

ないものはない!お買い物なら楽天市場
ダメージ表現 (1/48ヤクトダグラム)
CIMG9287.jpg
リューターでダメージ表現を加えていく。
これが意外に時間がかかる。

CIMG9288.jpg

CIMG9289.jpg
結構バランスを考えながら入れていかないといけない。
勢いで一気にやってしまうと適当になる。なので疲れたらその辺でひとまずやめとくのが無難だろう。

CIMG9291.jpg
手の甲のパーツを複製でつくる。
キットでもついているものとついてないものがあるし、イラストでもある場合と無い場合がある。
でも一番基本の設定画にあるからつくっておこう・・・。

CIMG9290.jpg
ブロンコは表面を整える作業にはいった。地味な作業がしばらくつづきそう。

稼げるメルマガ!
1/48ダグラムとブロンコⅡすすめる。
CIMG9236.jpg
ターボザックのパイプパーツを作り変え。

CIMG9237.jpg
肩につながるパイプも自作。

CIMG9238.jpg
取り外しが可能。





CIMG9239.jpg
足首のパーツを可動式にしたので、隙間が目立たないようにパテで埋める。

CIMG9240.jpg
表面処理をした。

CIMG9242.jpg
パイプの位置はキットよりも少し外側にずらしてある。
そうすると首が可動するようになる。右のパイプは内側にへこんでいるがこれはランチャーを装着するためだ。

CIMG9244.jpg

CIMG9245.jpg
ランチャーはボールジョイントで自在に動く。

CIMG9249.jpg
股関節がまた破損した。さらに、さらに、さらに強化だ!!

CIMG9251.jpg
片腕ゲッツ!

CIMG9255.jpg

CIMG9260.jpg

CIMG9262.jpg
以前一度つくったキットだが、今回はとにかくボリューム感にこだわった。

CIMG9266.jpg
まだまだ処理をしなくては・・・・・

CIMG9267.jpg
パテやプラ板で足の付け根やひざの隙間を埋めた。

CIMG9270.jpg
一軸で開閉ギミック自作(キットは引き出し式)。
しかし、プラスチックのしなりでピタッを締めた後に少し戻って隙間ができてしまう。

CIMG9271.jpg

CIMG9272.jpg
悩んだ結果、二重関節を製作。

CIMG9274.jpg
パテで処理。

CIMG9275.jpg
画的にも良い感じになったとおもう。

CIMG9278.jpg
マニピュレーターを取り付けてみた。
こいつの可動はちょっと厳しいなか・・・・・・
開閉の蓋があまり傾斜角度つけずに開いてる感じがやっぱり画になってる。

CIMG9281.jpg
最初はまったくやる気なかったが、蓋内部もショボイのでそれっぽく作り直そう!

CIMG9284.jpg
変形日ギミックのために作った足首関節のせいでこんなポーズがとれたよ。
ブロンコⅡ完全変形!
CIMG9219.jpg
タイガーシャークの内部を黒く塗りつぶす。

CIMG9220.jpg
こちらは合体戦艦ヤマト

CIMG9221.jpg
衝動的に長谷川バルキリーも・・・

CIMG9222.jpg
ヤマトの組み立て。
合体を無視して作るので、ボディーにくっきり浮き上がっていた継ぎ目もしっかり接着してなだらかに。

CIMG9226.jpg

CIMG9227.jpg
ブロンコの足の関節と可変ギミック。

CIMG9228.jpg
段差を作って足がぴったり収まるように工夫。

CIMG9229.jpg
こんな感じ。

CIMG9231.jpg

CIMG9232.jpg
らしくなってきた。

CIMG9234.jpg
戦闘機に変形だ。



今回からこちらにもお知らせ!
タケハルブログのCM。今回はマクドナルド篇。
ニコニコ動画へ直接コメントで応援メッセージをよろしく!




これは良い。当時品なら最高なのだが。新製品という事でもまぁOK。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。