ブログでノスタルジア!
80年代模型が中心です。なるべく一日にちょっとでも作業するようにして更新していこうとおもいます。それでも更新できないときはごめんよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダグラムの手首で一苦労
CIMG9205.jpg
キャストで複製した手首をきれいに処理して・・・

CIMG9208.jpg
取り付けてみたがダグラムの手首が細くてバランスが変!

CIMG9215.jpg
指から下を削り取って小さく修正していく。

CIMG9216.jpg
細かいパーツもパーティングラインを処理して取り付けていく。
本体ももちろん表面処理を続ける。

CIMG9200.jpg
代行依頼もまた2つ入ったよ。青島合体シリーズ。
なんと合体した状態でかっこよくしてほしいとのこと!

CIMG9202.jpg
「合体しなくていい」と聞いて「なるほど!その手があったか!」とおもい作りかけのタイガーシャークを引っ張り出す。
合体しないなら合体のための穴や突起はなくしちゃっても良いという事だな。
こいつもそれで行こう!

他にも代行は入っているが、出版物関係なのでブログには乗せられないし仕事が終わるまで何かはいえないな。
スポンサーサイト
ダグラム表面処理
CIMG9172.jpg
ポリキャップをつかっていないところは、プラを一部削り取って軟質の素材をはりこんで関節のヘタリを防ぐようにする。

CIMG9173.jpg
ダグラムは大体の形は決まったのでここからは地味で忍耐の必要な表面処理などをしながらすすめていく。

CIMG9174.jpg
見た目にあまり進んでいないようだが時間かけてる。

CIMG9177.jpg
足首を大きくしたらパーツに収まりきらないので修正した。
左の方が足首入れるために下のほうがひろがっているのが判るだろうか?

CIMG9182.jpg
修正したものは入るが・・・・

CIMG9183.jpg
修正していないほうは入らない。

CIMG9186.jpg
アニメを見ると足首は箱みたいなイメージだったので修正する。
左が修正中のもの。

CIMG9188.jpg
パーツの淵をカットしたりして、稼動範囲を広げる。

CIMG9190.jpg
太ももの付け根も可動を広げるために一部カットした。

CIMG9191.jpg

CIMG9194.jpg
ガ・ウォークらしいポーズがとれるようになった!

CIMG9197.jpg

CIMG9198.jpg
変形のためのギミック。回転軸の良い位置をやっと探し当てる。

なぜオーガスをつくらないのかと疑問を持つひともいるかもしれないが、これでも6時間作業しているのだ。
単純に作業できる時間が足りないだけ。
関節を仕込む
CIMG9147.jpg
ソルティック24部隊の時に時間と金をかけて作っておいた手首の型がひじょうに役にたつ!
今回のダグラムの手首はここから複製して流用する。

CIMG9148.jpg
気泡もなくうまく型に流れ込んでくれたようです。

CIMG9149.jpg
うまく型からもはずれてくれました。

CIMG9150.jpg
脚の可動を殺さないために腰の横のパーツを可動式にします。

CIMG9152.jpg
これもなんとかうまくいったようです。

CIMG9153.jpg
途中で股関節がわれてしまって金属で補強して修正。
昔のロボットプラモデルの弱点というか、当時ほとんどの人はここが割れてしまうと直せなかった。
接着剤でくっつけても強度的に元に戻すのは不可能。

CIMG9155.jpg
デザイン的に太ももを上に上げることができない。
ということは上半身を前に倒すことが出来ないということなのだが、今回は胸に仕込んだ二重関節がなんとかその動きをフォローしている。

CIMG9156.jpg
一度は表面処理まですませたが、膝関節が割れてしまったので、分解して修正。
昔の模型はとにかく関節が弱いものがおおい。

CIMG9157.jpg

CIMG9158.jpg
腰のパーツが可動する。

CIMG9160.jpg
ブロンコⅡの足の付け根にボールジョイントを仕込んだ。
これだけではたいして可動しない。可動のためにいろいろカットする部分がでてくるのだが、それは後でやろう。

CIMG9161.jpg

CIMG9162.jpg
可動はこんな感じ。

CIMG9163.jpg
とにかく関節の位置が変。
意地でも簡単に変形させてたまるか!という感じで意図的に軸をずらしてしいるのではないかと勘ぐってしまう。

CIMG9165.jpg
関節位置も修正し、変形できるような感じになってきたが・・・・・

CIMG9167.jpg
これから足のギミックをなんとかしなくては・・・
可動とか変形とか。

ブロンコⅡに関しては筋彫りもたいへんそう・・・・・
ブロンコⅡを完全変形へ?
CIMG9129.jpg
ダグラムの腕の曲がり方を装甲版が横にくるようにできなかかと悩んだが、ここに関節をたすと曲げたときかっこ悪くなりそう。
関節の部分を細くして曲がるようにしているのは見たことあるが、それをやると弱いイメージになりそう。
やっぱりやめといたほうがよさそう・・・。

CIMG9132.jpg
面の段差処理と表面処理を地道にやっていく。

CIMG9134.jpg
ブロンコの太ももを裏からパテでうめる。あとで丸っこく削るため。

CIMG9135.jpg
赤い○がそうだが、関節の軸位置がおもいっきり間違ってると思う。

CIMG9139.jpg
ブロンコⅡの脚はバルキリーのガウォークみたいにこんな細くはなかったはず。
もっと丸っこいイメージがあるのだが、設定画の資料どこにもないね。
イメージがちがうから丸っぽく修正する。

CIMG9141.jpg
パーツのボリュームアップ。できたら完全変形にもしたいんだけど・・・・

CIMG9143.jpg
太ももも幅増しする。
さらにオーガスも!
CIMG9094.jpg

CIMG9095.jpg
とりあえずダグラムはめんどくさい表面処理をこつこつとする。

CIMG9096.jpg
ブロンコⅡは羽の軸を強化するために真鍮棒を仕込む。

CIMG9099.jpg
とにかく筋堀は埋めまくる。

CIMG9101.jpg
機体の形はそんなに悪くないのだが・・・・・

CIMG9102.jpg

CIMG9103.jpg
しかし、脚は形もギミックも酷すぎる。

CIMG9105.jpg
さて、本日からオーガスも開始した。
可変タイプは自分でもつくろうと思い、ずっととっておいた。
どうせなら2個いっぺんに作ろうとおもってひきだしてきたのだが、箱を開けてみてパーツの多さに2個いっぺんに作るのはやっぱりやめた。時間も2倍かかるし。

CIMG9106.jpg
プラスチックが光を通さないように配慮して内側を黒く塗装する。

CIMG9108.jpg
形はそんなに嫌いじゃない。でもやっぱり独特のバランスだな。
アニメの設定画では胸のパネルがすごく小さいのだがキットは逆にすごく大きい。

CIMG9110.jpg
細かいところを残してとりあえず仮組してみた。
個人の印象としては、「頭が小さい」「胸のパネルが大きい」「太ももは細すぎる」「膝下が太すぎる」「可動の軸がずれていてかっこいいポーズがとれない」「股関節がハの字開きできない」「変形ギミックがヨレヨレすぎる」かな。

CIMG9116.jpg
キットでは胸のパネルがすごくおおきくて背中のパーツに覆いかぶさる感じになっている。

CIMG9117.jpg
設定画なんかだと箱のイラストみたいに面合わせになっているのだ。
出来たらこういう風に修正したいな。




長谷川の48分の1。これならまた72分の1を作りたいな。




このトマホークはいいとおもう。
自分では買わないとおもうけど「いつもの調子で塗ってくれ」って代行たのまれたら、受けたい感じ。
しかし、これキットの価格設定が高すぎるとおもう。しょうがないのかなぁ・・・・
ブロンコⅡも開始
CIMG9075.jpg
細かい処理にはいる。隙間をプラ板で埋めてみた。

CIMG9077.jpg
幅増しで空いた隙間を埋めていく。

CIMG9079.jpg
股関節は向こう側が見えてしまうのでここも埋める。

CIMG9080.jpg
上半身を前にたおした状態。

CIMG9081.jpg
今度は後ろにたおした状態。可動範囲はこんなに広いのだ。

CIMG9082.jpg

CIMG9083.jpg

CIMG9084.jpg
腰の横のパーツ可動式に修正する。

CIMG9086.jpg

CIMG9088.jpg
だいぶどっしりとした体系だね。

CIMG9089.jpg
ブロンコⅡも製作開始。代行頼まれなければ一生作らなかったろう。
レアものキットだ!

CIMG9090.jpg
はっきり言ってキットの出来は悪い。古き良きキットとは違う。
有井の製品でもイシュキックとかめちゃくちゃ出来がいいんだけど、各キットによって製作してるところが違うと聞いたことがある。

CIMG9092.jpg
形も可動もよくないのだけれど、この筋彫りはちょっとって感じだね。

CIMG9093.jpg
依頼者からは実機の戦闘機を意識した仕上がりにしてほしいとの事。
なので筋彫りも全部うめて彫りなおしだね~。
1/48ヤクトダグラム開始
ワンフェスがおわってからホントつかれて休んでた。
去年の夏は、一気にやったツケがまわってきたのか一ヶ月くらいの間、鬱病みたいになってしまったけれど、今回は大丈夫。

絶対完成させるって決意ではのぞんでなかったからだろうけれど。
正直疲れて愚痴っぽくなってる。
今は映画のことはあまり考えたくないけど、やっぱりやらなくちゃな・・・・

で、やっと代行お願いされてるダグラムを開始します。

CIMG9020.jpg
このキットは以前にも個人で作ってる。
以前は幅つめの作業が基本で作業していったけれど、今回は全くつめずにたして大きくしてボリューム感をアップする方向性で作業していく。

CIMG9021.jpg
大河原先生のイラスト。
上半身が小さくて下半身が大きい。

CIMG9022.jpg
キット自体は旧キットの味があるのだが、バランスが崩れてる感じで昔っぽいバランスがたもたれているみたいな。
足が細い、胴が短い、手首でかすぎ。

CIMG9024.jpg
ちょっと関節の位置を変えてみることからはじめてみる。
足首の関節位置を下にすることによって大きく見せるのと関節の可動範囲を広げようという考えだ。

CIMG9025.jpg
胴体のバランスにあわせて足を太くしていく。
太くしすぎると形がかわるのでほどよく。1ミリ増やせばかなりボリュームがアップする。

CIMG9027.jpg
ボールジョイントをたしたのだが・・・・

CIMG9030.jpg
以前ソルティックにも応用した方法だっただが、全く位置のことを考えずに加工してしまったのでその後かなり苦しむ。
結局この位置ではだめだと判断してまたもう一度つくり直すために解体。
とにかくうまくいかなくてずっと作業しつづけると凄い頭痛がはじまるのだが、今回のこれがきっかけで頭痛がはじまってしまう。
エスカップを飲んでなんとか作業を続行する。

CIMG9032.jpg
ソルティックのときと同じ方法で股関節を製作してみたのだが、ダグラムの場合はキツキツで全然うごかない。

CIMG9037.jpg
その後試行錯誤してなんとか可動範囲を広げることができた。
ここら辺で道が開けた感じになり、なんとなく頭痛もひいていく。

CIMG9038.jpg
立ちポーズも自然な感じで決まりそう!

CIMG9039.jpg
しかし腰の横のパーツをつけると全然可動しなくなってしまうようだ。

CIMG9040.jpg
この腰のパーツは本体にめり込んでいることにして脚を広げると押し上げられて可動するという解釈に変更することにした。
めり込む部分をカットしたところ脚はさらに驚きの可動範囲になる。怪我の功名

CIMG9047.jpg
腰関節が大きく可動しても足首が連動して可動しなければポーズとしては無意味。
足首も二重関節に加工。

CIMG9051.jpg
胴体も二重関節に加工だ!

CIMG9054.jpg
足首の上下パーツにも1軸の二重関節を仕込む。これは意外に効果があるのだ。

CIMG9055.jpg
これは以前製作したダグラムをはるかに上回る出来になりそうだぞ!
脚の可動範囲はかなり手を加えたブロックヘッドよりも全然広い。

CIMG9058.jpg
これは以前作ったときもやった。肩関節の位置を下にする方法。
今回は肩にもボールジョイントを仕込むのでつめ方は以前よりも少ない。

CIMG9060.jpg
肩の差込部分にボールジョイントを仕込んだ。

CIMG9066.jpg
脚を太くして胴をのばして関節の位置もかえてボリューム感はアップしたはず。
今回肘関節は加工しない。自分の考えでは肘と膝はだいたい直角にまがればOKという考え方なので。
膝関節はちょっと加工してある。
肘関節に関しては可動範囲の修正はしないが、ポリキャップパーツを使用してないので、関節のへたりの対処はこれからやろうとおもう。

CIMG9070.jpg
後ろ。ダグラムはこのターボザックをつけることによって更なるボリューム感を得るのだ。

いやー、一気に頑張ったわ。
この辺でいったん一区切りということにしておこう。

映画製作で俳人化しかけて、こいつが良いリハビリになってるのに、プラモ製作でまた俳人化したら洒落にならないしね。

可変オーガスとブロンコも代行もらってるしね。こいつらも平行作業でいくよ。

結局俺は安らぎ要らない男なのか・・・・・


ないものはない!お買い物なら楽天市場
WFおわったので・・・
ワンフェスなんとか無事に終わった。
今回はTosakaさん、きんぎょさん、とまそんさん、がディーラー参加だったので会うことができたが、いつもお客で来てる人たちはきてなかったみたいですね~。

当然プラモデルもいろいろ買ったよ。
いくつか紹介。

CIMG9009.jpg
量産型の可変キャリバー。可変おもちゃが出ているので今更つくってもなぁ・・・・・とおもっていたけど安かったのでかってしまった。

CIMG9010.jpg
バーロン。こいつも買おうかどうしようか悩んだが、ドルバックネタがそろそろ切れる頃なので一応買っておいた。

CIMG9011.jpg
ビックフット、これは迷うことなく買いだったね。

さて、WFも終わったことだし、代行製作たのまれている3本、そろそろいくよ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。