ブログでノスタルジア!
80年代模型が中心です。なるべく一日にちょっとでも作業するようにして更新していこうとおもいます。それでも更新できないときはごめんよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
玩具ボトムズ (1/18スコープドッグ)
CIMG4177.jpg
なんか、新規に更新記事がかけなくなってるので、前の記事を書き直す感じで更新です。
今日は3月3日です。

ボトムズ再開です。
デカールみたいなマーキングが残ってるのはマスキングしておいたからです。
全身をリューターでけずっています。

左肩が赤い偽レッドショルダーバージョンなので、中古のオンボロ品というコンセプトですかね。

スポンサーサイト
1/48ブロックヘッド完成
CIMG4001.jpg
ブロックヘッドの最終ワンポイント仕上げ。
とのこ?の固まりを削って粉にします。

CIMG4002.jpg
エナメル塗料の薄め液でときます。

CIMG4003.jpg
足の下の方に塗ります。

CIMG4004.jpg
CIMG4005.jpg
タカラトミーのスコープドックも作業すすめる。
バンダイのプラモデルを参考にモールドをたそうとしたが、追加モールドはあまり無く、むしろ露骨に手を入れない方がよいと判断して少し控えめの処理にする。

CIMG4010.jpg
とりあえず一色につき3色をでたらめに塗って下地とする。
が、ダメージ表現を入れるのを忘れていた・・・・・
下地若干ぬりなおさないと。

CIMG4011.jpg
ブロックヘッドの足が乾いた。

CIMG4013.jpg
ブラシで汚れをおとして完成。HP用の写真とってからクライアントに納品だ!!

1/48ブロックヘッド99%できた。
CIMG3982.jpg
頭部取り付け前にコクピット内部を完成させとく。

CIMG3987.jpg
パイプはキットのものは使用せず自作する。
金型では出せない形と質感を加えるのは効果的だ。

CIMG3990.jpg
頭部を取り付けて隙間をパテうめ処理。

CIMG3992.jpg
パイプ、やっぱりこのほうがいいでしょ?
黒鉄色で塗装した。

CIMG3995.jpg
CIMG3997.jpg
全身にエナメル系の塗料で汚しをかけたあと、細かい筋彫りとかにも墨入れ。
ミサイルもちゃんと6発入ったね。

CIMG3998.jpg
ほぼ完成だが、あと2ポイントほど手をくわえる。
足首からしたにグラデーションと、あとパステルを使用した汚しかね。

俺の魂を削り取って模型にくっ付けてきたわけだが、これでもう、何か衝撃的なイメージのエネルギーでもどこからかそそがれないかぎり、もうブロックヘッドはつくれないし、作る気にはなれないね~。

あと一回の作業で完成だ!



CIMG3981.jpg
スコープドッグも瞬間でうめた継ぎ目を処理。
基本塗装もしたかったが、もうだめ、ダウン、エネルギー切れ!

デカールはだめだ! (1/48ブロックヘッド)(1/18スコープドッグ)
CIMG3965.jpg
アンテナを作り直した。
コクピットも頭の改修で形を変える必要があったのでパテもりして修正。

CIMG3969.jpg
デカールをはってみたが・・・・・・

CIMG3970.jpg
時間の経過による劣化もあるのだろうか・・・・・
タカラのダグラムシリーズは経験上かなりデカールの性能が悪い。
とくに1/48ダグラムを作ったときは最悪だったおぼえがある。
(マークセッターも全く効果なし)
いままで作った中で2~3個くらいしかまともだった記憶がない。
1/48ダグラムのときが下の下だとすると今回は中の下ぐらいだろうか・・・
劣化加工しようとしたがバリバリはがれてしまった。

CIMG3971.jpg

CIMG3973.jpg
しかたないので肩とヒザの部分のデカールは塗りで表現した。

CIMG3956.jpg
ボトムズも加工開始。ネジ穴は処理終了。

CIMG3958.jpg
継ぎ目には瞬間接着剤をながしこむ。

CIMG3961.jpg
とりあえず一部をのぞいて全部流し込んだ。

基本塗装 (1/48ブロックヘッド)
CIMG3950.jpg
基本ベースの塗装を開始。
頑張ってもうまくいかない場合もあるし、お気楽にやってもうまくいってしまう事もある。
後者になれればラッキーなのだが・・・・

CIMG3954.jpg
重厚な感じが出せるまで何回も何回も塗装を繰り返す。
まだまだだ・・・

CIMG3952.jpg
タカラトミーのボトムズも作業開始。
これに関してはラビドリーを超えるつもりだからな。



塗ります (1/48ブロックヘッド)
CIMG3927.jpg
傷めます。

CIMG3929.jpg
傷めます。

CIMG3930.jpg
OK牧場!

CIMG3938.jpg
塗装開始。

CIMG3935.jpg
またも代行たのまれたので、ブロックヘッド優先ですが、これも同時進行でいきます!!

形になった。 (1/48ブロックヘッド)
CIMG3914.jpg
ミサイルポッドの回転軸を変更。

CIMG3916.jpg
わずかなズレが生み出した形の違いを補うために自作したパーツをくっつけて調整する。

CIMG3918.jpg
手首は関節をしこむ。磨きがめんどくさい。

CIMG3920.jpg
手首の大きさが変わったので銃の形も変更せざるおえない。

CIMG3921.jpg
これで違和感なくなった。

CIMG3925.jpg
このあとは表面処理をしてダメージ表現をくわえる。

顔も直すか。。。。(1/48ブロックヘッド)
CIMG3872.jpg
さらに表面処理はつづく

CIMG3875.jpg
磨いて瞬間接着剤でうめてまた磨く、これの繰り返し。

CIMG3877.jpg
ラインはだんだん奇麗になってきた。

CIMG3879.jpg
ひたすらにひけ処理と面の整えだ。

CIMG3882.jpg
片方の手と同じくカットしておいたパーツを接着。

CIMG3884.jpg
疲れたので正直手を抜きたいが、顔も修正する。
機銃のくっついた鼻のボールがキットは小さすぎるので
大きく作り直す。

CIMG3887.jpg
機銃も短くする。強度のフォローもしとかないと。

CIMG3888.jpg
だいぶ大きくなってはまらない。

CIMG3890.jpg
鼻の取り付けのために加工する。

CIMG3891_20090214000711.jpg
とりあえず広げてはまった。

CIMG3892.jpg
ペンで印を付けたところはカットして目を大きくする。

CIMG3897_20090214001104.jpg
取り付ける前にボールも奇麗に処理しておく。

CIMG3898.jpg
軸か回転ギミックも再現して取り付けた。
目のふちも設定画に近い感じでプラ板で厚みをだす。

これによってクリヤーパーツの修正も決定だ。。。。

稼げるメルマガ!
表面処理 (1/48ブロックヘッド)
CIMG3851.jpg
小型化した腕に合わせた手首を製作する。
以前製作したものを型取りして複製するのだ。

キャストのB液がガチガチにかたまってしまっていたので
ポリパテを使うことにした。

CIMG3854.jpg
表面処理は地味で辛い作業だね~。

CIMG3856.jpg
腕一本奇麗にするだけで結構疲れる。

CIMG3858.jpg
ひたすら表面処理。

CIMG3859.jpg
幅詰めで無くなった回転軸も自作。

CIMG3861.jpg
気泡だらけだがポリパテでもなんとか使えそうなものが抜けた。
表面処理は仕方がない。

CIMG3871.jpg
足の裏の出っ張りでたりない部分を自作する。


形になってきた。 (1/48ブロックヘッド)
CIMG3834.jpg
太ももにもったパテを削って形を整える。

CIMG3835.jpg
関節パーツの形もそれらしく変更。

CIMG3837.jpg
腕も短くする。

CIMG3840.jpg
肩関節も自作。

CIMG3843.jpg
CIMG3846.jpg
肩の奥のほうにボールジョイントを仕込む。

CIMG3760.jpg
CIMG3850_20090208235917.jpg
だいぶボリュームが下に移った。


さらなる改修 1/48ブロックヘッド
CIMG3820.jpg
とりあえず太ももを丸くするためのあたりをつける。

CIMG3821.jpg
ガリガリ削る。

CIMG3822.jpg
両方削った。中にもっておいたパテがみえている。

CIMG3824.jpg
さらに丸みをつけるためのあたりをつける。

CIMG3825.jpg
なんとか丸くなった。

CIMG3826.jpg
足首の関節にもボールジョイントを二重に仕込んで可動の拡大を図る。

CIMG3828.jpg

CIMG3829.jpg
どうだ!みたかこの迫力の可動!

CIMG3830.jpg
さらに設定画のイメージに近づけるためにパテをもる。



1/48ブロックヘッド ひたすら修正はつづく!
CIMG3799.jpg
たした足の裏を整える。

CIMG3802.jpg
二重関節はとりあえず下関節の位置を変更した。

CIMG3804.jpg
関節の可動にあわせて内側も削る。

CIMG3810.jpg
関節部品にも2つとも全く同じ位置に穴をあける。

CIMG3811.jpg
太ももの方にも関節のための穴をあけたが位置があまりよくなかったために埋めた。

CIMG3812.jpg
再び穴の位置を変更してあけ直す。思考錯誤しながら最もいい位置を探していくのだ。

CIMG3815.jpg
2次元の設定画にはやっぱり矛盾はつきもの。
それをおぎなうために股下にこのような加工をしてやった。
これで可動範囲は各段にあがる。

1/48ブロックヘッドの関節を修正
BH-te.jpg

BH-te2.jpg
腕のボリュームがありすぎるので幅詰めをしていく。
黒いテープを張ってる部分を縦横詰める。
右が詰めて小さくなったもの。

BH-te3.jpg
腕は二重関節に修正。
これによってキットのままよりもはるかに広い可動が可能となるのだ。

BH-koshi.jpg
関節の位置を変えてボールジョイントを仕込む。

BH-kahansin.jpg
ベストな位置を探せばかなり動くようになる。

BH-jyouhansin.jpg
とりあえず設定画だと腕の太さはこのくらい。
長さは肩をつめてもう少し短くする予定。

BH-hiza.jpg
ヒザも二重関節を自作する。

BH-ashikubi.jpg
足の下をたして分厚いイメージに。

BH-futomomo.jpg
関節を入れるために中をポリパテでうめる。

danbain-MG.jpg
WOmeka.jpg
こんなんかいましたけど~

稼げるメルマガ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。