ブログでノスタルジア!
80年代模型が中心です。なるべく一日にちょっとでも作業するようにして更新していこうとおもいます。それでも更新できないときはごめんよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/144アッグガイ組み立て
aggugai-kumitate.jpg

アッグガイの組立作業。一年前は瞬間で大急ぎでつくったが今回は強度を考えてセメントボンドをつかった。
この後数日おいて乾かしてから処理に入る。
前と同様ボールジョイントは首のみ。

スポンサーサイト
1/24 ベルゼルガと1/144アッグガイ
1-144aggugai.jpg

昨日1/144アッグガイを探しにいろいろお店回ったんだけどみつけられなくて、
本日何とか見つけることが出来た。
「なんでまたアッグガイなの?」って思われるかもしれないけど、
実は代行製作たのまれたんだよね。
Karasuさんに頼まれたデュラッヘはゆっくりでいいとのことだったのだが
こちらは出来れば早めにほしいとお願いされてるので、なるべく優先して作業するつもり。
製作状況は依頼者の人が確認できるようになるべくブログにアップしていくようにする。

s-bzg.jpg

1/72ベルゼルガも塗装に突入。
昨日クメン編をみたのだが、劇中のATはどれもすごく色の発色が落とされていてミリタリー調なんでビックリした。
プラモのパッケージとか作例なんかはものすごく明るい色してるけど
あんなに原色っぽい色は全然登場してなかった。
しいて言えばキリコの衣装のオレンジくらい。




1/100 デュラッヘ塗装テスト
tesuto.jpg

中性洗剤で洗った物とアセトンでひつこく拭いたものとで塗料の定着力をテストしてみた。

意外に中性洗剤で洗ったものでも定着力がいい!爪でひっかけばはがれるが。。。
アセトンでふき取ったものはひっかくとはがれなくはないがこれも定着がかなりいい!

いままでWAVEの製品をつくってきたときとは全然ちがう。

見た目のキャストの感じで塗料の定着の強さがなんとなく判断つくことがわかった。

見た目に透明感がなく表面に妙にツヤのある製品は定着が悪く細部まで
ペーパーかけないと危ないようだが、キャスト自体に透明感があり表面がテカテカ光っていないキャストは比較的定着率が高いようだ。

このデュラッヘは表面は一応やするけど磨き取るのが困難な箇所は
アセトンでふき取るだけでもいけそうな感じがする。

1/100デュラッヘ2
DSCN6636.jpg

中性洗剤にしばらくつけといたヂュラッヘ。
今日午前中天気がよかったから歯ブラシでごしごしこすってあわてて天日干し。

まあ、いくら洗剤で洗おうがプライマー吹こうが気休めなので結局は薄皮一枚やするのだが。

中に電池しこむんだけどどうすりゃいいの~。
ムクなので掘じりとるしかなさそうね。

1/24ベルゼルガ マックスファクトリーソフビ
BZG1.jpg

またもやマックスファクトリーのソフビキットを関節可動式にしてみたりするわけよ。


BZG2.jpg

で、コクピット内も自作してみたりするわけよ。

でも今回は降着はやめとこ・・・・




グフカスタムと1/100デュラッヘ
DSCN6592.jpg

MGに初挑戦!グフカスタムを設定画のイメージで改修中!結構見た目に変ってるとおもうのだが。

DSCN6593.jpg

デュラッヘ狂のkarasuさんからいただいた代行のキットもそろそろ開始。

フィギュア買取ネット
1/100 アッグガイ
DSCN6177.jpg

アッグガイ開始。首周りをのばす!

DSCN6181.jpg

太ももの部分はだいぶ曲がってるので切り刻んでまっすぐっぽく直す!

DSCN6178.jpg

各関節も修正!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。