ブログでノスタルジア!
80年代模型が中心です。なるべく一日にちょっとでも作業するようにして更新していこうとおもいます。それでも更新できないときはごめんよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あと少しでプラモ再開予定
FJ310681.jpg
つい最近、また再度レギオスの修正をやったりしていたんだ。

FJ310682_20130321231557.jpg
ダメージ汚しも前よりも控えめにした。

FJ310688.jpg
ふと立ち寄った中古屋さんで315円でマクロス強攻型を見つけた。

それと、くりごはん氏のところから引き上げてきた42センチダグラム、近日からいくわ。
スポンサーサイト
大量の作業をこなさないと・・・・・
FJ310006_20121112182152.jpg
バランスが取れたので綺麗に表面を修正する。

FJ310007_20121112182229.jpg
あー、マスキングでデカールがはげた。

FJ310011_20121112182301.jpg
ターボカスタム塗装開始。

FJ310012_20121112182333.jpg
タカラの玩具。
ラビドリーとストライクの2体をまとめて改修。

FJ310013.jpg
左肩をつめた。
いい感じ。

FJ310014_20121112182500.jpg
ピラニアソーがまたくい込んだ。いてぇ・・・

FJ310015.jpg
肩の位置とアーマーのすわり位置を直した。
うしろのラビドリーと比べて全然いいだろ?

FJ310019_20121112182635.jpg
大雑把な部分だけ一度ばらして瞬間接着剤で接着。

FJ310020.jpg
肩以外では股関節がさらにハの字開きできるように加工。
ラビドリーの方は足首も角度がつけられるように加工。

少ない改修だが、かなりカッコよくなりそうな手ごたえがあった。

FJ310022 2
ちょっと派手だがパテもり。
それでも頭は小さいので結構微妙なずれがある。

FJ310023.jpg
頭はちゃんと仕上げないとね。

これから恐ろしい量の作業がまっている。
ゆっくりのんびりというわけにはいかない。

やっぱりこんな量こなせるの俺だけだよ。
おれ神だよ。
神がこの世に存在するとしたら、俺、神だよ。
なにもいうな・・・ (学研レギオス)(1/144ディルファム)
FJ310716.jpg
再度機首の位置を修正。
これがベストだろう。

FJ310717.jpg
まぁ、ディルファムでもみて落ち着け。

FJ310718.jpg
・・・・・・・・。(-_-)



面や線の重なった変形メカは微調整がたいへんだ。
FJ310677.jpg
出張前の空いてる一時間くらいを使ってディルファムをくみたてた。

FJ310678.jpg
取引先をたずねたついでに近くに模型店があると聞きいってみた。

FJ310693_20121106104423.jpg
このお店にもよった。

FJ310706.jpg
レギオスだが機首の角度を修正してほしいとのことで
また手元に戻ってきた。

これが玩具の通常の位置。

FJ310707.jpg
このくらいかな・・・?
かなり大胆にあげてほしとのこと。

FJ310710.jpg
実は、レギオスの変形で一番骨を折ったのがこの微調整なのだ。

修正部分を削り取ってまた下地からやり直し。

FJ310708.jpg
角度調整のための細工。

FJ310711.jpg
これでいけるとおもったが・・・・

FJ310713.jpg
機首と横の小羽の垂れ下がり感はなくなったが
白の塗装ラインがずれすぎているのが気になる。

FJ310714.jpg
しかたない・・・やりなおすか・・・・・

ザブングルも進行中!!
近日おひろめ!!

ターボカスタムも近日塗装開始!!
学研レギオス 大改修、完成っ!! 
FJ310443.jpg
レギオス、細かい塗装や黄色いクリヤーパーツなど製作して取り付けていく。

FJ310442.jpg
後ろ姿もサマになってるだろ?

FJ310445.jpg
まだ最後にいくつかポイント的に何か加えるかもしれないけど
とりあえずは完成だ。

FJ310447.jpg
裏面はこんな感じ。

FJ310448.jpg
変形途中。

FJ310449.jpg
前につくった緑の奴よりもだいぶいろいろ改善されている。
肩のスライド幅を大きくしたために安定感に
若干の問題点なども出てはしまったが、許容範囲だと考えている。

FJ310450.jpg
レギオスって正面からみるといまいちなんだよな。

FJ310454.jpg
まだ若干修正加えるかもしれないけれど、完成だ!!

正直にいうと、この学研レギオスは2体目というともありモチベーションも
低く断りたかった。
作業の大変さもわかっていたので。

ただ、依頼者さんの情熱がメールでビリビリと伝わってきて
「そこまでの想いがあるなら・・・・」
と、受けることにしたのだ。

長丁場で確かに精神的にも、作業時間的にも負担がおおく
辛い作業であった。

でも俺は強い情熱を感じさせられると断れないタイプみたいなんだ。

ただ、依頼者さんはこの仕上がりでOKなのかな・・・・?

FJ310463.jpg
アッグガイも本体の塗りにだいぶ細かい塗装を加えてほぼ本体のみは完成。
でもまだ塗り足りない感じはあるので手をくわえる。

FJ310466.jpg
とりあえずはあ、あと4本のヒートロッドをつくれば
だいたい完成態なんだけどね。


今のままの人生で本当にいいですか?
ラビドリー完成  (学研レギオス)
FJ310354.jpg
また、デカールはがれてる・・・・・
ぬらしてちょっとでも表面触るとすぐぐずぐずになっちゃうので
ほんと最新の注意が必要。

FJ310355.jpg
デカールないマーキングは塗装だね。

FJ310356.jpg
墨入れをしていく。

FJ310357.jpg
ダメージ表現とかも。
半ツヤという指定があったので半ツヤクリヤーふいたら大失敗・・・・
傷も表面も質感が全部一緒になっちゃった・・・・

直すのにすげー時間かけてしまった・・・・

FJ310358.jpg
よくみると口の横のパーツの形がちがう。
ドリルで穴あけたのでパーツをしこまなければ・・・

FJ310366.jpg
ファイター時にはあまりダメージがない感じにしてある。

羽の密着感がすごいだろ!

FJ310367.jpg
真鍮パーツで連結差込の仕掛けになってる。

FJ310397.jpg
ラビドリードッグ完成。
赤色電球のせいか、青がなんかちょっと暗いな・・・
実際はもうちょっと綺麗な青だ。

FJ310390.jpg
背中のランドセルあくよ。

FJ310404.jpg
コクピット内部もこんな感じ。

FJ310410.jpg
降着ギミックは自作した。

このキット、形はいいんだけれど関節がどこも弱くて自立すら厳しい感じなので
作ろうと思ってる人はその辺の手直し、覚悟したほうがいい。




なにこれ?(画像をクリック)


日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
ラビドリーはほぼ完成かな・・・    (学研レギオス)
FJ310325.jpg
キリコ塗った。
細かいコードなども自作

FJ310326.jpg
アーマードコアのガレキだが、はしょって缶スプレーでやったら大失敗!!

FJ310327.jpg
なので泣く泣く磨きなおした。

FJ310330.jpg
キャティーさんが待ってるのでスキをみて進めないとね・・・・

FJ310331.jpg
依頼者さんから画像を確認したいとのメールがきたので
レギオスの画像載せとくわ。

FJ310333.jpg

FJ310336.jpg

FJ310337.jpg

FJ310338.jpg

基本的にうまくいってると思ってるんだけど・・・・



プラモデルにデカールは重要!! (学研レギオス)
FJ310296.jpg
デカールはったのだが、このデカールの癖を忘れていて大慌てだ!!
ちょっとでも表面が水にぬれるとぐずぐずになってしまう。

だから裏から水を吸わせて、そっと剥がして貼り付けるんだ。
めちゃくちゃ神経つかって時間かかったわ。
なんども失敗したし。

しかし、なによりこのデカールを作ってくれた前レギオスの代行製作依頼者の
アメリカ人のOさんに感謝しなくちゃいけないね!!
このデカールのあまりがあったから今回使えたわけだから。

FJ310298.jpg
はがれないためのコーティングに関してだが、
あとで別のものに貼り付けた同じデカールで十分なテストをしてから
本体をコーティングしなくては。

FJ310297.jpg
ラビドリーも最終段階汚しをかける前にデカールはっとかないとね。
こっちのデカールは性能よくて楽勝だったわいな!!


あくせく働く日々から抜け出しませんか?
だんだん、いい方向にいっているのを実感。
FJ310285.jpg
肩のアーマーがゆるゆるだ。

このキットは形はいいんだけど、関節がどこも酷くて
キャストの重さで自立しないほどだ。

肩のアーマーも、たれていたらカッコ悪いので真鍮棒を通して
ギミックをしっかりさせる。

普通の代行製作って有物をただ組むだけで
こういうキットのダメなところって修正しない場合の方がおおいのかな???

FJ310286.jpg
デカールが無い部分はマスキングして塗るしかないね。

FJ310287.jpg
黒ラインを塗った。

FJ310288.jpg
レギオスの仕上がりに光が見えてきた!

FJ310291.jpg
かなり前に完成させたイマイのトマホーク。
ちょっと載せてみた。

FJ310292.jpg
ラビドリーは順調!
塗装をいろいろたして深みが出てきた。

FJ310293.jpg
でもまだまだよ。

FJ310294.jpg
レギオスもうまくまとまりつつある方向性に・・・・

FJ310295.jpg
でも、こいつもまだまだ塗らないとね。
琥珀色の男の夢、何処に・・・・・
FJ310213.jpg
キャノピーの開閉ギミックがへたららいように可動軸を

FJ310214.jpg
これでヘタリの心配は減った。

FJ310215.jpg
旧キットばかり作ってる俺だが、じつはマスキングが大っキライ。
めんどくせえから。

FJ310216.jpg
塗装だ。

FJ310217.jpg
あー、ちかれたびー・・・・・
でもまだキズあるな。。。

しかたねー、磨くか。

FJ310219.jpg
この調子だとラビドリーのほうが早く完成しそう。

FJ310220.jpg
後ろ。

俺に代行頼んでくるひとはここから先を期待してるんだよね。

めっちゃリアルにするぞ!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。