ブログでノスタルジア!
80年代模型が中心です。なるべく一日にちょっとでも作業するようにして更新していこうとおもいます。それでも更新できないときはごめんよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
祭りの準備だ。
FJ310706_201310092054572b8.jpg
イデオンは全部300円の重機動メカでいくからちとまっててくれ。

FJ310707_20131009205500d35.jpg
イデオン祭りの準備をしながらその次の準備もやってるがな。

やっぱりね、MSVつくってると一番いじりがいがあると感じるシリーズだよ。
きみたちもどうかね?よくまとめ売りされてるの見るよ→MSV

FJ310709.jpg
ボスパルダーは紙で組んでみて形と大きさのチェックだ。
意外に小さくてボリュームがすくないんだよな。

今回のバランスでつくっていくとビッグオーっぽい感じがちょっと入るのかな・・・?

余談だけどビッグオーは近年のデザイン(いやそれでももう古いが)にしてはいい感じのデザインだよね。
模型も最近再販されたみたいだし。
レトロ感狙いが成功している作品でもあるし。

スポンサーサイト
また更新、1/144旧キット祭りは終了。
FJ310698_20130929143122603.jpg

300円イデオン重機動メカで祭りでもやろうかとおもうが、誰も待ってなさそ・・・・
透明化って結構めんどうだ
FJ310421.jpg
ギャンの旧キットつくるときって剣の透明化は殆どの人がHGUCから流用してるよね。
形が旧キットっぽくなくて根元が細くなってるやつ・・・・

今回はちゃんと型取りして透明におきかえてやったよ。

FJ310366_20130815120804383.jpg

アオシマ1/420イデオンかっこわりいな・・・・・
カッコよくなおしたいな・・・・・

FJ310367_20130815120806b64.jpg

アオシマの当時のチラシがはいっていたのだが
見てくれ!企画中商品がすごい!!

ザンボット3のトラシッドとかダイターン3のネロスとか
めっちゃほしいマニアックなのがいっぱい!!

あとイデオンの敵メカは当時として(今でも)
デザインがすごくレベル高いと実感!!

かっこいい作例が模型雑誌に沢山掲載されていれば
あれほどの店頭余りもふせげたろうに・・・・

タイムマシンがあれば俺がガンプラとイデプラの人気を逆転してやるのにさ・・・
残念だわ。

でもいまからでもイデオンキットつくろうとおもってるからまっててくれ!!

イデオンのDVDも借りてきてすこしづつみようなか・・・・

FJ310423.jpg

またヤフオクの完成品販売を復活させようかとおもってる。
たまにみてるけど80年代模型ファンにはなんとも寂しい状況みたいだからね・・・・・
確認用にイデオン画像をアップ。(1/600イデオン アディゴ 波動ガン)
DSCN0625.jpg

DSCN0547.jpg

DSCN0577.jpg

DSCN0518.jpg

DSCN0593.jpg

DSCN0493.jpg

DSCN0510.jpg

P1000949.jpg

P1000955.jpg

P1000965.jpg

P1000979.jpg

DSCN0636.jpg

DSCN0462.jpg

イデオン単体だとそうでもないけれど、分離したメカって小さすぎて作るのたいへんだった・・・・・。

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
イデオン98パーセント完成。
DSCN0050.jpg
せっかく何度も塗りなおした窓部分だったが、携帯に張るシールをはることにした。
家にあったものはノリの劣化が酷く、新しいものを買ってきたのだが、これも
店でも保管時間が長いせいか劣化してつかえない・・・・

でも、これも色が角度によって極端に違いすぎかなと思い、
別のメタリックシールを貼ることに。

DSCN0051.jpg

DSCN0055.jpg

DSCN0059.jpg

張ってみた。

DSCN0060.jpg
塗装中の波動ガン。

DSCN0061.jpg
汚れ感をだすためにツヤ消しを吹いて真ん中を磨くというふうにしてみたが・・・・

DSCN0062.jpg
これはこれでメリハリが面白いのだが、ちょっとでしゃばりすぎ・・・

DSCN0064.jpg
波動ガンの付属チューブは硬くて使えないのでスプリングを使用。

DSCN0069.jpg
赤く塗ってみた。
鉄だからこすればはげる。

DSCN0074.jpg
せっかくなのでアディゴと記念撮影。

DSCN0076.jpg
グラージに似てる!!

DSCN0079.jpg
ダイナミックなプロポーションだ!
波動ガンを持たせるとかっこいい!!

当時ガンダムと比べると極端にキットが売れなかったのが悔やまれるが、
イデオンのメカはガンダムに勝るとも劣らないと思う。

リアルメカが人気だったのはわかるが、このデザインが時代のブームに合っていなかっただけで
デザイン自体はとてもすばらしいと思う。
もちろん重機動メカを含めてだ。


DSCN0081.jpg

DSCN0087.jpg
なんか宇宙戦艦を銃にしていた「宇宙刑事シャイダー」を思い出した。

DSCN0088.jpg
アディゴだよー!!

DSCN0095.jpg
結局、窓の部分は2段階のスモークをかけた。

DSCN0101.jpg
波動ガン、イデオン、ともに完成!
でもまだちょっと手を入れる可能性もある。

DSCN0102.jpg
きょっと近況を報告。
ここのところ仕事がいそがしくて、自分の使える時間はかなり代行製作に割いているのだが、
それでも、もう歳のせいか、昔みたいには作業できなくなっている。

本日もだいたい6時間で頭痛がはじまってしまったが、今日は特別に普段から飲まないようにしている
頭痛薬をのんだ。(ノーシン)

慣れで利かなくなるのを恐れてのまないようにしているのだけれど、
やっぱり飲むと利くね~。

その後3時間くらいまた作業できた。

頭痛予防にはエスカップだけど、これは一日になるべく一本にしている。

脳のエネルギー補給は今までは三ツ矢サイダーを使っていたが、
一日2リットルくらい飲むので、何日か前から、水にグラニュー糖を溶かしたものを
大量に飲むようになった。
このほうがずっと安上がりだ。

甘いお菓子でもいいのだが、吸収が遅いのと、あと糖分以外の栄養も沢山取り入れてしまうので
やっぱり甘い飲み物が一番いい。

でも、やっぱりそれでも若いときと同じようには作業できないね・・・・・。

これでも俺は若いとき甘いもの大嫌いだったのよ。
アディゴ
DSCN0013.jpg
イデオンと同時進行でアディゴを作らなければならない。
なぜかというとイデオンとアディゴを並べて取らないと気がすまないからだ。
よってアディゴをつくらねばならない。

DSCN0016.jpg
2体セットのキットだが、一方は股関節をボールジョイントに。

DSCN0017.jpg
そしてもう一方は本来選択式のものを差し替え式にして両体系が取れるように修正。

DSCN0019.jpg
手首は指の形が複雑でつくるのめんどい。

DSCN0020.jpg
もっとモールドを追加した。

DSCN0023.jpg
指の隙間の彫刻がめんどくさい。

DSCN0024.jpg
かなりSFメカっぽい感じを取り入れていく。

DSCN0031.jpg
どこまでやるかだね。
やり過ぎないようにと・・・
イデオン、終わりが近づく
DSCN0001.jpg
Cメカのパーツも完成。

DSCN0003.jpg
とりあえずは基本的にはできた。
もう一つ一箇所処理を加えようかどうしようか考えてるところ。

DSCN0004.jpg
波動ガンも何色も塗ったがこんな感じでいいのかな・・・・・
SFっぽく。

DSCN0005.jpg
Aメカの羽も何とか塗って完成。

DSCN0007.jpg
Cメカのトラッカーのライトはクリヤーパーツで。

DSCN0008.jpg
墨入れはやるよな、とーぜん。

DSCN0012.jpg
本体は細かい修正をあとちょっとやろうかと。
あとは波動ガンの仕上げ塗装だな。
あと少し!あと少しっ!(1/600イデオン)
DSCN9985.jpg
Aメカの羽をなくしてしまったので、再度プラ板をはり合わせて削りだす。

DSCN9986.jpg
出来るだけ設定画に近い大きさで

DSCN9987.jpg
後ろから

DSCN9988.jpg
コクピットまわりを製作。

DSCN9992.jpg
何度も塗りなおして、なんとか落ち着いたと思ったが、こうしてみるとまだまだな印象が・・・・(泣)

DSCN9994.jpg
赤に関してはもう落ち着いた。
ここにいたるまでどれほど永い道のりだったことか・・・・・




けっこう細かい修正がある・・・
DSCN9970.jpg
さて、とりあえず各メカに変形させて塗装を加えていくか。

DSCN9975.jpg
Aメカタンクを処理。

DSCN9978.jpg

DSCN9980.jpg
ファイターを処理。
羽を紛失しちゃったんだよな、また一からつくらないと・・・・

DSCN9981.jpg
Bメカ、こいつは側面をかなり治さないとダメだ・・・・

DSCN9982.jpg
Cメカはコクピットを後回しにしちゃってるんだよな~・・・・
重い赤をまとうのは時間がかかる。
DSCN9952.jpg
全体の傷のタッチを入れ終わったところで
肩に作った関節に軸を入れて埋める。

DSCN9953.jpg
腰の変形、位置をしっかり固定するために、ひっかかりパーツを作った。

DSCN9957.jpg
違った色、パターンの痛み表現もさらに全体的に追加していく。

DSCN9959.jpg
筆のタッチがきついのでまたこの上からエアブラシでこの荒々しさをなじませていく。

DSCN9966.jpg
エアブラシでさらに何色かの色をふいてみた。
う~ん、まだなおさなくちゃ・・・・

ここから先はまだエナメルの汚しをかけるのだが、それはA~Cメカの各体系での痛み表現を終えてからだね。

時間かけてるわりには見てるほうの変化がなくてつまらないかな。
ごめんよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。